So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鉱物カフェの虹標本 [食事・雑記]

虹色になるコレステリック液晶で「虹標本」というものを作りました。

下の写真は出来上がりの見本です( ´艸`)。

IMG09243.jpg

鉱物好きには憧れの「Cafe SAYA」というお店が東十条にあります。

土日のみ開いている小さなお店ですが、ワークショップやちょっとした

面白い理科実験も行っており、今回初めて参加してみました。

詳しくはこちら→ http://kirara-sha.com/

(ネットショップ「きらら舎」の実店舗が「Cafe SAYA」です。)

IMG_09245.jpg

鉱物の名前(燐灰石、蛍石など)がついたソーダを飲みつつ

元教師でもある店長のSAYAさんの説明を聞きます。

(ソーダの中身は普通にブルーハワイやベリーです。)


そして配られた作成キットで各自実験開始(^O^)!

・・といっても白い粉末にスポイトで精製水を注入し、

ジップロックの中でひたすらコネコネするだけ。[手(チョキ)]

なのですが不器用な自分のはダマだらけになりました(^^;)。

この粉末はヒドロキシプロピルセルロース(HPC)という

医薬品添加物にも使われる人体には無害なもので

水を含むと液晶になり、濃度により反射する光の色が変わるのです。

IMG092411.jpg

予約参加した6名とお店の方2名で和やかにお話ししたり

お店の品物を物色したりしながらこね続け、

白い部分がなくなったら数時間放置し、小瓶等に絞り入れます。


温度や水分量を変えたり、ブラックライトを当てると色が変化するそうですが、

きれいな虹色になってきたので、しばらくはこの色を楽しむことにしました。


お店の中は鉱物標本やモルフォ蝶、オウム貝などが所狭しと並んでいて

ワクワクしてしまいます。子供の頃からアクセサリーになった宝石より

ゴツイ岩石の方が何となく好きなのです(^▽^)。

IMG_092410.jpg

鉱石の秤売りもしています[ぴかぴか(新しい)]



下の写真はアンティーク時計のケースを使った「鉱物タルト」(@@)。


こんな時間に行けるのは最初で最後かもしれないので

お財布と相談しながらお土産を厳選。

(左からレジンアクセサリー/赤鉄鉱/雪硝子の卵/蛍石)

IMG_092411.jpg

これらに光を当てるとこんな風になります。ひゃあ~!!(*゚∀゚*)

IMG_092417.jpg IMG_092420.jpg

買い物だけなら予約なしでOKです。

(わかりにくい箇所を9/27に修正しました)

関連本のご紹介と虫の写真あり注意!


nice!(48)  コメント(10) 

「鏡地獄」展 [アート]

 涼しくなってきたので、ギャラリーをはしごしました。

銀座線京橋駅前の東京スクエアガーデンの緑。元気よく茂っています。

IMG_092025.jpg

歩いてすぐの「ギャラリー椿」で小林健二さんの個展を開催中。

IMG_092023.jpg


黒いボックスの中でゆっくり廻る青い惑星、巨大な絵画2点と

小さな額縁に納まる抽象的なオブジェが多数並んでいます。

(会場で販売されている本を許可を得て撮影させて頂きました)

IMG_092024.jpg

もう1つは「ギャラリーしあん」。大江戸線の新御徒町から徒歩1分、

庭付き古民家を用いた、落ち着いた感じの素敵なギャラリーでした。

IMG_092014.jpg


IMG_092013.jpg

こちらは江戸川乱歩の小説「鏡地獄」を中心に乱歩へのオマージュとして

創作人形、写真、絵画などを展示しているグループ展です。

IMG_092015.jpg

鏡地獄~ぼくらの江戸川乱歩~日時2017年 9月 19日 ~ 24日

ここから先は人形に抵抗のない方のみどうぞ・・


nice!(45)  コメント(6) 

雲のかたち [風景・写真]


鈴虫の音色が蝉の声をかき消したのか

厳しい残暑を覚悟していた割には過ごしやすい9月上旬。

IMG_20170909_5.jpg

夏の入道雲とは違ってふわっとしている、もくもくの雲。

IMG_20170909_3.jpg

親子雲(お帰り~♫)

IMG_20170909-9.jpg

球体関節雲(カモ~ン)

IMG_20170909-7.jpg

はぐれ雲

IMG_20170909_4.jpg

けもの雲ダッシュ!

IMG_20170909-8.jpg

迫り雲(あ~れ~何をなさいます~ [わーい(嬉しい顔)]


そういえば、「浮雲」という小説がありましたね。

近代文学史に載っていても書店ではまず見かけない作品の1つです(^^;)。

作者の二葉亭四迷は何代か遡ると繋がる遠い親戚だそうですが

残念なことに、話の中身は全く覚えておりません。。

※   ※   ※

今日は某国の建国記念日でしたが

ミサイルは飛んでこない平和な1日でした。

nice!(48) 

目黒雅叙園 [食事・雑記]

先日、駐車場に停めてあった車に乗ろうとしたら・・


車の窓が茜色に。振り返ると空が美しく染まっていました。

IMG_20170829_214844.jpgIMG_20170829_214724.jpg

 こういう瞬間、疲れが吹き飛びトキメキます。パシャ。(撮影の音)

IMG_20170829_214746.jpg

刻々と色は変わるけど、まだ上の方に青空も残っていたりして。

周りに高い建物がないからか、ここの空は広くてきれいに見えます。

ところで本題の目黒雅叙園というと。。(パンフレット画像より)

IMG_20170830_192910.jpg

「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった「昭和の竜宮城」。

私はつい「忍たま乱太郎」を思い出してしまうのですが

20年以上前に初めて訪れた時は、小川が流れる豪華化粧室に驚きました。

(追記:現在、正式名称は「ホテル雅叙園東京」となっています)


中学・高校を通してつるんでいた友人5人組がおりまして

今でも年に1,2回食事をしています。今回はここが雑談会場。

ランチバイキングのお店は改装中で、宴会場を仮店舗にしている為

美味しさそのままお得な価格設定になっていたようです[手(チョキ)]

(が、話と食事に夢中で肝心の写真がありません・・[がく~(落胆した顔)]

ここが新装オープン予定のお店でしょうか?

IMG_20170830_180926.jpg

その後、腹ごなしに園内を散策。

外国人受けしそうなカラフルな彩色木彫板や天井装飾画も楽しめます。


百段階段では9/26~流派を超えたいけばな展が催されるようです。


IMG_20170830_182516.jpg

突然パパラッチみたいにパシャパシャするハズカシイ姿を皆様に

晒して、なんかスミマセン。と言いつつやっぱり撮る(^^)

IMG_20170830_182739.jpg

場所をティーラウンジに移して更に話は続きます。

IMG_20170830_183519.jpg

こちらは窓の向こうに滝が見える日本庭園があって、

ちょっとしたリゾートのようです。

椿山荘やニューオータニなどもそうですが、

結婚式場も兼ねた老舗ホテルはお庭がいいですね。[るんるん]

IMG_20170830_183101.jpg

当日は4組のカップルが写真撮影していました。

白無垢やドレス姿の女性はいずれアヤメかカキツバタ、

揃いも揃って美男美女なのは宣伝用の撮影なのでしょうか。。

介添の方が、池の鯉がきれいな円を描くよう水面をガシガシっと

棒でかき回して渦を作るのが面白かった(@^▽^@)。

IMG_20170830_183240.jpg

40年近いつきあいになる友人達は、それぞれ仕事も

抱える問題も異なり、家も離れています。それでも互いに調整しつつ

5時間近いノンストップ・トーキングが楽しめるのは

いろいろな意味で恵まれていて幸せなのだと思います。

不束者ですが今後とも末永く宜しく・・って夫婦かよ?(笑)

IMG_20170830_174750.jpg

(天井装飾画の一部)

追記とお詫び


nice!(54)  コメント(18)