So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

アナログの逆襲 [映画]

前回のボヘミアン・ラプソディの記事を少々熱く語りすぎ、時間がたつ

につれて気恥ずかしくなってきたので(ネタバレ多すぎたし)、

今回は短めにいきます[わーい(嬉しい顔)]

JE3.jpgJE1.jpg

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」!!

Mr.ビーンでお馴染みローワン・アトキンソンの大好きなスパイ・

コメディシリーズの3作目。映画館で見たのは初めてです。

ITの進化についていけない中高年には魅力的なこのタイトル・・・

日頃の鬱憤を晴らしてくれる胸のすくような展開を期待して、

まんまと罠にはまってしまいました。[がく~(落胆した顔)]

続きを読む


nice!(28)  コメント(5) 

私も見た!ボヘミアン・ラプソディ [映画]

ボヘミアン2.jpg

ロックバンド『QUEEN』のリード・ヴォーカル、フレディー・マーキュリー

の半生をQUEENの名曲に乗せて描いた伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」。

ソネブロガーeinsteinさん、ちいさんのブログでこの映画が取り上げられて

いるのを拝見し、ほぼリアルタイムで聞いていたフレディ・ファンの私は

いてもたってもいられずIMAX上映会場を探しました。情報有難うございます!

IMAXの大画面と迫力ある音響は、スタジアムの臨場感が伝わってくるようで

「レディオ・ガガ」で立ち上がって手を叩きたくなるわ、ラストの「ショウ・

マスト・ゴー・オン」では泣けてくるわ、濃密な時間を過ごしました。

ブライアンとロジャーも製作に関わっただけあって、当時メンバーが着て

いた服や所作まで細かく再現されて、実写映像と錯覚しそうになります。

それも単なる物まねに留まらず、魂が乗り移ったと思うほど真に迫っていて

作り手の誠意と熱意が感じられる良い映画でした。行って良かったです!

(フレディ役の俳優さんは前歯の入れ歯を作って臨んだそうで、歌声はほぼ

フレディ本人のものとのこと。あれだけ歌えたら歌手になれるし(^Д^)。)

※※※※※※※以下はネタバレ満載なので、ご注意下さい※※※※※※※

ネタバレ&長文注意です!


nice!(34)  コメント(10) 

ご縁のあった本やCD [本・漫画など]

紅葉狩にも行けず、10月に上げかけた記事を再度アップしました。。

秋の定番と季節外れの花が一緒に咲いています。(もう冬に近いけど)

10月卯の花.jpg10月薔薇.jpg10月公園.jpg

「普通」であることが当たり前でなくなってきた今日この頃、

普通に秋らしい花や秋晴れの空を見ると何だかほっとします。

10月コスモス.jpg10月花3.jpg 

と海の美しい色彩に惹かれて銀座の「ギャラリー・オカベ」という

所に立ち寄ると、ほんわり優しく夢のようなパステル画でいっぱいの

高柳佐知子さん個展が開かれていました。

アン.jpg

赤毛のアンが大好きな高柳さんは、アンの家のようなアトリエで絵を

描き、植物を育てていらっしゃるイラストレーター兼エッセイストです。

先日「100分で名著」というTV番組で「赤毛のアン」の回を見てウルッ

きたばかりだったので「赤毛のアン・ノート」を求めると、在廊中の

サラサラッとイラスト入りのサインを書いて下さいました。[ぴかぴか(新しい)]

その後オシャレな東急プラザと泰明小学校を眺めつつ「十誡」を再訪。

東急プラザ.jpg泰明小.jpg

案内された席の一番手前に立てかけてあったのは「夢のウラド」!丁度

読みたくてAmazonでチェックしていた本でした。が、高価で分厚い。。

4十誡.jpg十誡3.jpg

待ち時間にすぐ読めそう・・と手に取ったのはモノクロの絵が特徴的な

エドワード・ゴーリーの絵本「不幸な子供」。トラウマになりそうな

救いのない「小公女の"残酷な真実”」[がく~(落胆した顔)]?さすが十誡コレクションです。

不幸な子供

不幸な子供

  • 作者: エドワード ゴーリー
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2001/09/01
  • メディア: 単行本
星めぐりとウィンナコーヒー.jpgラムレーズンアイス.jpg

以降は本とCDの羅列です・・


nice!(42)  コメント(8) 

不適切画像? [食事・雑記]


shasou.jpg

車の窓に映っていた不穏な空(停車して撮影)。

十誡.jpg十誡2.jpg

幻想系図書が閲覧できる「バー 十誡」。いずれもあやしい雰囲気。

このあと更に不気味な画像が並びます。(大したことありませんが)

momo2.jpgmomo1.jpg

流れてきた桃をパッカーンと割ったら

桃太郎がまっぷたつ!(フリー画像を細工)

kaki2.jpgkaki1.jpg

頂いた柿を割ったら、中から宇宙人が![わーい(嬉しい顔)] 何かに

似ていると思ったらムンクの「叫び」か・・って事で

sakbbi-4.jpg

「ムンク展」で兄弟が来日し、再会を喜ぶサケビー君。

「おお、久しぶりだなあ!」

「キャー、あなた誰?いきなり壁ドン(古っ)だなんて」

sakebi-1.jpg

「こら~っ、兄の顔を忘れたんかいっ!」パッカーン!

「まさか・・日本に行ったきり音信不通になった兄貴?

こんな所で会えるなんて、思ってもみなかったわ」

sakebi-3.jpg

「そうだよ!久しぶりなんだから、ちょっとは喜んでくれよ。」

「喜びの舞ね!忘れもしない、あの、手が宙を舞うシュールな舞・・」

sakebi-2.jpg

「それはそうと、なんでオネエ系になっちゃったの?弟よ。」

「いやん兄貴こそ、いつの間にお笑い系に~(><)」

「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」は1/20まで東京都美術館にて開催中。

※上記チケットの半券で半額になる池袋パルコ7Fの

「ニュウ・ムンク展」は11/18まで。行けるかなあ?

ニュウ・ムンク展

nice!(45)  コメント(11) 
前の4件 | -