So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

「カメラを止めるな!」 [映画]

巷で話題沸騰中の映画、「カメラを止めるな!」を見てきました。

結論から言うと、噂通りとっても面白かったです!!

朝イチ上映でしたが満席で、上映後に拍手する人も・・(^0^)。

Picture

監督も俳優も全く無名の低予算映画だそうで、ポスターだけ

見るとB級感漂うゾンビものにしか見えませんが・・[がく~(落胆した顔)]

設定は似ていても「地獄でなぜ悪い」的なトンデモ・

スプラッター路線(←嫌いじゃない)でもありません。

前半「なんだこれ?」と疑問に思う箇所も多いのですが、

ここであきらめてはイケマセン!

後半になるとオセロで黒が白にひっくり返るみたいに

全て見事に笑いにつながっていくのです(@^▽^@)。

これ以上はネタバレになるので書けませんが、

久々に逆転満塁ホームラン的満足感がありました。

今思い出してもニヤニヤしてしまう。(その姿はホラー?)

小さいお子さん以外は、是非映画館に足を運んで下さいね。

    ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

映画館から近い弥生美術館にも足を伸ばしました。

弥生4.jpg弥生3.jpg

(東大の弥生門のすぐ近くです。喫茶店から眺めた美術館入口↑)

「文豪・泉鏡花×球体関節人形展」を9/24まで開催中です。

館内撮影不可で画像は1枚だけですが、「カメラを止めるな!」

より怖いと言われそうなので、以降は追記に(m^^m)。

泉鏡花×球体関節人形展と迷宮ドリンク


nice!(21)  コメント(9) 

森のカフェに行ってみた [食事・雑記]

8月のとある日、青梅市の岩蔵温泉郷という所におりました。

なぜかというと・・

岩蔵温泉.jpg

パラパラと「東京の森のカフェ」という本をめくっている時に

「Rが指さした所に行ってみる?」と適当に言ってしまった結果、

Rが力強く指さして行きたいと主張したのが、こちら青梅市にある

「コンブリオ」というお店だったのでした。(*^O^*)

コンブリオ11.jpg コンブリオ8.jpg

(左上の写真はお店のハガキ、右上は道案内の表示板です。)

飯能か東青梅駅から本数の少ないバスに乗り更に5分程歩く、と

かなり遠いようですが、Rは乗り物に乗る事、私は食べ歩きが趣味。

翌朝Rが朝5時に張り切って起きてきたので、日帰りで行く事に。

コンブリオ14.jpg

「コンブリオ」はイングリッシュガーデン風の緑に囲まれた素敵な

お店です。「東京の森のカフェ」によると、1999年にオーナー

ご夫妻自宅の居間を改装してオープンされたそうです。カッコイイ!


コンブリオ13.jpg

基本的には地元の方の憩いと交流の場になっているようで、

奥の方は手作り品を展示するギャラリーになっていました。

静かな雰囲気を壊さぬよう殆ど宣伝していないにも関わらず、

私達のように遠方から来るお客さんも少なくないようでした。

コンブリオ9.jpg

コンブリオ12.jpg

コンブリオ1.jpgコンブリオ10.jpg

・・ということは店内撮影はあまり歓迎されないと思うので、

小さめのピンボケ画像でサラッとご紹介(m--m)。

コンブリオ7.jpgコンブリオ2.jpg

コンブリオ3.jpgコンブリオ4.jpg

店内もお庭も「好きなものに囲まれた暮らし」という感じで憧れます。

食材の仕入れ先にも気を使っていらっしゃるためか、ハンバーグと

付け合わせのお野菜はとても美味しかったです。

コンブリオ15.jpg

デミグラスソースが何か洋酒のような独特の風味があり(和洋折衷

ソース?)野菜に絡めていただいた時に思わず「うまっ!」と

口走ってしまいました(^0^)。

コンブリオ5.jpg

音楽用語で「生き生きと」を意味するという「コンブリオ」。

おかげさまでリフレッシュできて、元気をいただきました。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

ところで「コンブリオ」は小道を入ったちょっとわかりにくい場所

にあり、お店を探す途中で道に迷って小雨に降られてしまいました。

その時タイミングよく目の前に現われたのが「CAFE YUBA」さん↓。

YUBA1.jpg

雨宿りという口実で、喫茶店のハシゴをしてしまいました(^0^)。


YUBA10.jpgYUBA4.jpg

こちらのお店も周りは花で埋め尽くされ、眼下には池があります。

窓際の席で荷物を降ろしてホッと一息つかせていただきました。

YUBA2.jpg

木のぬくもりが感じられる山小屋のような落ち着ける空間です。

YUBA6.jpg

雑誌や本を眺めても良し、窓から外の景色を眺めても良し(^-^*)。

YUBA7.jpgYUBA9.jpg

手作りシフォンケーキとアイスコーヒーを味わっていると雨も上がり

空が明るくなってきました。折角なのでテラス席にも行ってみます。

YUBA8.jpg

この席もいいなあ。(←今年は暑すぎて蚊もいないし。。)

もう少し涼しくなったら、ここで寛いでみたいです(^-^*)。[ぴかぴか(新しい)]

冬には店内の薪ストーブが活躍するそうで、それも魅力的ですネ。

YUBA3.jpg

今回は残念ながら時間制限があって行けなかったのですが、

近くには日帰り入浴できる小さな旅館が3軒あることや、[いい気分(温泉)]

「アド街ック天国」で紹介された評判のパン屋さん「麦(むじ)」、

そこでJAZZコンサートを開く予定もある事等いろいろ教えて頂き

お世話になりました。またいつか機会を作って訪れたいと思います。

※「東京の森のカフェ」は眺めるだけでも癒やされる、美しい

  写真満載のおすすめ本です。


nice!(43) 

利尻・礼文の食事とお土産 [食事・雑記]

利尻・礼文島の食事&おみやげ編です。

7月は2種類のウニが食べられる良い時期なのだそうです。

ホタテ.jpgオタトマリ沼2ホタテバター焼.jpg

涼しかったオタトマリ沼付近にホタテを焼くバター醤油の良い香りが

漂っていて、引き寄せられました。アスパラガスや熱々のお茶と一緒に

ハフハフしながら焼きたてを頂きました。じゅわっと旨味が広がります。

ホテル利尻 サイン.jpg

俳優さんのサインが飾られていた「ホテル利尻」の夕食は、品数豊富!

夕食4.jpgホテル利尻夕食3.jpg

ほっけ等魚は100円でもキャベツが1玉500円など、島で収穫できない

野菜類が高値でアマゾンなどの運賃も高いと聞くと、

遠くから食い荒らしに来て申し訳ないような気もしましたが。。

ホテル利尻3.jpg海鮮鍋.jpg

あちこちに飾られている「海藻アート」や、浴室前に湧き水が飲める

設備があるなど、この土地ならではの良さが生かされていました。

ホテル利尻 海藻アート.jpgホテル利尻.jpg

夕食後、フロント前で自由参加の講演会が2つあり、行ってみました。

1つは利尻島での暮らしがわかる、島在住のお母さんのお話でした。

フェリー1.jpg1フェリー.jpg

島で見られる花や動物について(泳いできた熊の事も・・)の解説や

進学や仕事で島を離れる人とフェリーで別れのテープを切る3月の恒例行事、

家族や近所の人も総出で行う昆布やウニの漁と加工作業の様子、

自然保護の為、登山者に携帯トイレを持参してもらっている事などを

ユーモアたっぷりにお話しして下さいました。

写真展.jpg

もう1つは、利尻富士に魅せられて島に移住してしまったという

山岳写真家・林久夫さんの写真展とスライドによるトークです。

四季折々の利尻山と雲が織りなす風景は溜息が出るほど美しい[ぴかぴか(新しい)]

講演後も写真好きや山好きが残って撮影時の裏話を教えて頂いたり

話が弾みました。写真の一部はこちらからご覧頂けます。↓


DVD.jpg

(勢いで上のDVDを購入。↑涼しい部屋で眺めると極楽気分です。)

金田の岬での昼食「舟盛り御膳」では新鮮なウニ、イクラ、

ボタンエビ、サーモン、タコの5種を堪能しました。美味い!

舟盛.jpg

レストラン正面に利尻山の絶景が広がる「三井観光ホテル」の夕食↓。

これでもかというくらい海鮮類が続きます。私がカニの身を取り出そう

と苦戦する横で、嬉しそうに箸を持って待ち構える者が。。(息子です)

鍋2.jpg夕食3.jpg

礼文の漁師さんが朝獲ってきた魚を焼いて提供しているというこの店の

昼食、↓見た目は地味でも一番美味しかった・・のに店名を忘れました。

昼食.jpg

お土産は「男の食彩」というTV番組で取り上げられたふりかけ

「利尻っ子」。昆布・つのなしおきあみ・いか・あおのり・ごまが

入っておにぎりの具や冷奴、おひたしにも重宝しています。

おみやげ2.jpgおみやげ.jpg

利尻昆布ラーメンは、暑い日続きでまだ食べておりません(m--m)。

この先は北海道土産の番外編です


nice!(42)  コメント(12) 

猫岩・桃岩・地蔵岩 [風景・写真]

利尻島の西沖にあり、アイヌ語のレプン(沖の)シリ(島)」が

名前の由来といわれている礼文島。島を覆う緑が美しい。

桃岩展望台.jpg

西側にある「猫台桃台展望台」は、階段を少し登るだけで絶景が

楽しめる観光名所。右下に小さく見えるのが「猫岩」です。。↓

猫台桃台展望台.jpg

耳を立てた猫の後ろ姿に見える・・でしょうか。ピンボケで

拡大してもわかるような、わからないような?(笑)

猫岩1.jpg

250mもの高さがある「桃岩」[左斜め下]は、海底の堆積物とマグマで

できたものが隆起したといわれ、内部が露出しています。かつて

アイヌ民族同士の戦の舞台にもなったそうで、一見のどかなこの

地も地質的・歴史的に激動の時代があったと思うと感慨深い。。

4桃岩.jpg

展望台を降りて海岸沿いを進むと見えてくるのが「地蔵岩」。
平らに切り立った茶色い壁のような所です。
岩も面白いですが、近くで干している昆布も気になります。
干す際に裏表を間違えると真っ直ぐな昆布にならないそうです。
地蔵岩2.jpg

この手前にメノウの産地だったという「メノウ浜」があります。

採り尽くされているとは思いつつ、お土産屋さんにオマケで頂いた
「メノウの原石の袋詰め↓」を参考に浜で探索してみました。
目移りして関係ないものばかり拾ってしまいましたが・・

地蔵岩3.jpg地蔵岩メノウ浜1.jpg

↓左から二番目の豆粒みたいな白いのがメノウの原石らしいです。

結局全部浜に戻しましたが、手のしわが目立つのに今気がついた[ふらふら]

地蔵岩メノウ浜2.jpg貝の戦い.jpg

右上は「うにむき体験センター」に置かれていた貝。この穴は貝同士

の争いで破れ、相手の貝に開けられてしまったものだそうです。[がく~(落胆した顔)]

それを人間が拾ってアクセサリーや工芸品にして売っている、という

のは「漁夫の利」みたいというか何というか。。

うにむき体験.jpgウニむき.jpgウニ.jpg

「うにむき体験センター」では生きているウニを自分でむいて

塩水で洗い、その場で食べることができます。中身を取り出した後

もトゲトゲが動くのが怖くて撮影だけしましたが、挑戦した家族は

美味しかったと言っていました。。( ・∀・)

各地で災害が続く中、申し訳なさも感じつつ連載してしまったこの

記録も、次回の食べ物・みやげもの編で終わります(m--m)。

 


nice!(37) 
前の4件 | -