So-net無料ブログ作成

アマチュア吹奏楽団 [音楽]

小雨が降ると庭でスマホ撮りしたくなる雫フェチ。

先日Eテレ「趣味の園芸」で、スマホで接写する業として

虫眼鏡越しに撮影するというのを紹介していたので早速試してみました。

IMG_20170917_171720.jpg

室内の多肉植物を撮影する際虫眼鏡に霧吹きをかけていたので、

小雨ならその手間が要らないかと思ったのですが。。

真ん中が丁度雫で曇ってしまってちょっと失敗。。(^^;)

IMG_20170913_171137(1).jpg

(↑これは庭ではなくて公民館の花壇です)

結成3年目という地元の吹奏楽団の演奏会を聴きに行きました。

10~50代の方々が学校・仕事・育児の合間を縫って

週1回集まって練習しているそうです。

以前は生意気にもアマチュアの演奏は・・と思っていましたが

乗ってくるとヘドバンする息子Rと気軽に聞けるものを探すうち、

様々な世代の方が愛する楽器を持ち寄って楽しむ趣味っていいなあと

思うようになり、近隣の吹奏楽団の演奏を聞くようになりました。

IMG_20170917_174329.jpg

司会をするメンバーの方が随分マイク慣れしていると思ったら

最寄り駅でアナウンスをされている駅員さんでした。[電車]

IMG_20170913_163323(1).jpg 

私は吹奏楽に関わったことがないのですが、

以前「普門館への道」という番組で体育会系並みの

ハードな練習風景を見て驚いた覚えがあります。

近隣の楽団と比べてしまうとレベルもキャリアもまだまだ

ですが、せっかく磨いた腕を放置するのはもったいないですし。

IMG_20170917_173819.jpg

今回はコロンバイン高校銃乱射事件の犠牲者を悼んで作られた

「アメリカンエレジ-」、歌やリコーダーも入る「大地の歌」や、

世代的に懐かしい「スカイ・ハイ」「魔女の宅急便」

「太陽にほえろ・西部警察」メドレーも聞くことができました。

IMG_20170917_174253.jpg

吹奏楽では一人ずつ立ち上がって挨拶代わりにソロ演奏したり

大きなフラッグを振る人がいたり、肩の凝らないポップスと

迫力のある壮大な曲の両方が聞けるのが面白いです。。

※   ※   ※

最近、業界で活躍した俳優やダンサーの方たちが年を重ねて

地元に貢献したい、町おこしに一役買いたいと

公演や指導をされる機会が増えてきました。

店の利益に直結しないとイベントに消極的だった商店街も

徐々に協力されるように変ってきているようです。

IMG_20170909_2.jpg

「地元に文化が無い」と嘆いている自分は何の文化も担っていない

のが情けないですが、せめて頑張っている方達を観客として

応援したいと思うのでした。


nice!(43)  コメント(7) 

ラ・ダンスで反省会 [音楽]

もう終わってしまいましたが・・

東京フォーラムGW恒例の音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)。

今年のテーマは「ラ・ダンス(舞曲の祭典)」でした。

東京フォーラムポスター.jpg

タンゴ、フラメンコ、ジャズにバレエ音楽まで楽しそう。


せっかくなので珍しい林英哲の東西打楽器バトル、ラテンの楽園、


伊福部昭など普段聞けない曲を聴いてみたいなあと思うのですが。


結局は日時の制約と空き具合、息子同伴という諸事情により


ごく普通のプログラムを選んでしまいます。

続きを読む


nice!(35)  コメント(16) 

async 坂本龍一 設置音楽展 [音楽]

坂本龍一氏が8年ぶりにニューアルバム「async」をリリースするあたり、
「良質な空間で音楽と向き合える」体感型の試みをワタリウム美術館で開催中です。
コンサートをする代わりにこの映像が各地を回ることになるのでしょうか。 
 
ニューヨークや東日本での惨事を目撃、大病の後ハワイで療養生活をされ、
「レヴェナント・蘇りし者」等の映画音楽を作られた坂本教授。
今回は「自分が聴きたい音楽を作る」をテーマに、
「いい音」を求めてご自分で環境音を集められながら制作されたようです。
 
設置音楽展チラシ.jpg
 
詳しくはこちらのHPをご覧下さい。 

続きを読む


nice!(27)  コメント(7) 

いい音ってなんだろう [音楽]

 子供の頃ピアノの調律師さんが来ると、一音一音鳴らしたり、和音を何度も確認

しながら時間をかけて調整していく作業を息を潜めて聞いていたものでした。

そんなことを思い出して、5年位前だったか、ピアノ調律師・村上輝久さんの著書、

「いい音ってなんだろう」という本を見つけて読んだのでした。

 いい音ってなんだろう/村上輝久

いい音ってなんだろう/村上輝久                  

  • 作者: 村上 輝久


続きを読む


nice!(28)  コメント(6) 

マーラー交響曲6番「悲劇的」 [音楽]

 日曜日の「題名のない音楽会」。司会が五嶋龍さんから石丸幹二さんに交代するとか。

今後はミュージカルを取り上げることが増えるのでしょうか。

子供の頃から家族が見ていて、初代黛敏郎さんのマイクの持ち方と、取り上げる

現代音楽の訳の分からなさが印象に残っていましたが、司会者が変わってからは

見たりみなかったり。亡くなられる少し前に、憧れ続けたというミシェル・ルグラン氏と

「シェルブールの雨傘」を協演した羽田健太郎さんの渾身のピアノは今も忘れられません。。

そういえば昔、武満徹さんの「現代音楽の時間」というFM番組もありましたね。

オープニングのバッハの曲(音楽の捧げもの?)が好きでそこだけ聞いていました。。

話変わって、最近職場の研修で休日出勤が続き疲れ気味なので、ゆっくり休もう・・

と思っていたら、そういう日に限って息子が早起きして期待に目を輝かせている[わーい(嬉しい顔)]

重度の障害がありますが、おでかけと音楽と外食が大好きなのです。

仕方なく重い腰をよっこらしょ、と上げて川越に行きました。30年ぶり?

川越駅前.jpg

上岡敏之氏指揮、新日本フィルの「マーラー交響曲第六番 悲劇的」を聞くため、

早速、新しく綺麗な総合施設「ウエスタ川越」の大ホールに向かいました。

ウエスタ川越.jpg

悲劇的ポスター.jpg

続きを読む


nice!(22)  コメント(2) 

いきものがかりとロック遍歴 [音楽]

「かわうそ」の画像検索結果 

(「かわうそ」画像より。ヴォーカルの聖恵ちゃんに似ているとの噂が。

うっかりくまも似ていると言われたけど、こんなにかわいくはない[ちっ(怒った顔)]

ニュースを見ていたら、「いきものがかり」が活動休止するとの報。

カラオケで景気づけにいきものがかりの「きまぐれロマンティック」を歌い

「帰りたくなったよ」の熱唱(?)で〆るのが定番だったので残念。。[カラオケ]

休止の原因はゲス不倫でも覚醒剤でもないので、リフレッシュして帰って来てネ!

何となく「青春」っぽい感じのバンドが好きで、レミオロメン、ゆずBEGIN、

JUDY AND MARY 、My Little Loverも未だに車で歌っています。。

学生時代から子供が生まれる頃まで(=20年前!)は主に洋楽ROCK派でした[パンチ]

定番の Beatles から始まって、Deep Purple、Led Zeppelin、THE DOORS、

Queen、Aerosmith、Cheap Trick、Mike Oldfield、King Crimson、

CAMEL、T. Rex、HANOI ROCKS、The Clash、Motley Crue、Bon Jovi、

Sting、 Gary Moore、Dead or Alive、U2、Guns N' Roses・・ 等々

流行りとはあまり関係なくはまったものを延々と聞いていたので、試験中や仕事中

頭の中をグルグル曲が回っていることもよくありました。。

B'zがデビューした時は、日本のロックもここまできたかと感慨深かった(^^)。

その後の日本のバンドは、洋楽の影響を受けつつ個性もあってレベル高いですね。

すごく前に短期間だけファンクラブに入っていたのがザ・ブルー・ハーツ

熱中していた頃は名古屋のコンサートにまで足を運びました[るんるん]共演は忌野清志郎、

仲井戸麗市、辻仁成、友部正人、あがた森魚・・濃い。というか渋い?

甲斐バンドと風の伊勢正三さん、レベッカ、中島みゆきも好きだった(^^;)

(子供ができてからは「お母さんといっしょ」「英語であそぼ」のDVDの

ヘビロテでロックとは縁遠くなり、それはそれで楽しかったですが。)

曲を聴くとその頃の気持ちや出来事を一緒に思いだしたりして、脳に深く

刻まれているのを感じます。と同時に聞いていた音楽で大体の年代がわかって

しまうのがこわいですね~[あせあせ(飛び散る汗)]Rocks

Rocks(エアロスミスの名盤!)




  • nice!(13)  コメント(5) 

    上岡さんのピアノ演奏 [音楽]

    もう一つの夢は、既にかなってしまったのですが・・。

    大学の合唱団にいた時に、ピアノ伴奏者として演奏会に参加して下さった

    学生さんがいました。東京芸大指揮科の上岡敏之さんという方です。

    物静かでスッと背筋を伸ばしてピアノの前に座っている華奢な姿と、ダイナミックな

    ピアノ演奏とのギャップに、今でいう「萌え~」女子が続出しました。[キスマーク]

    その後友人megさんのご自宅で開かれた「おでんを囲む会」に、お兄様の飲み

    友達として上岡さんと芸大作曲科のフェビアンレザパネ氏がいらしていました。

    その時の、お鍋をつつきながら間近で聞いたお二人のピアノの演奏があまりにも

    素晴らしく、参加者一同眩暈がする程感動してしまったのでした・・[ハートたち(複数ハート)]

    多才なフェビアンレザパネ氏は、現在作曲家、編曲家、ピアニストとして

     幅広く活躍され時々TVでも拝見しますが、繊細で優しいピアノの音色には
    癒されます。この日の「テイク・ファイブ」や「枯葉」のアレンジ、ELPの
    超絶技巧「タルカス」の圧巻の演奏は忘れられません!

    ピアノ・de・ボッサ

    ピアノ・de・ボッサ

    • アーティスト:
    • 出版社/メーカー: デラ
    • 発売日: 2009/05/29
    • メディア: CD
    • 一方の上岡さんはバッハで指慣らしをした後、ショパンの「革命」「英雄ポロネーズ」

    • ピアノソナタ第二番等を立て続けにガンガン弾かれ、オオーッと歓声が上がりました[グッド(上向き矢印)]

    のめり込むような集中ぶりと気迫のこもった演奏に私はすっかり惚れこんでしまい、

    指揮科でありながら毎日4時間はピアノを弾いているとおっしゃっていた上岡氏の

    ピアノを「サントリーホールで聞く」事を勝手に自分の夢の1つにしてしまいました。

    が、その頃ご本人は挫折を味わい、どん底の状態で音楽を諦めかけていたそうです[バッド(下向き矢印)]

    卒業後どうされたのか情報もないまま時が過ぎ、20年後に「海外で活躍する日本人

    指揮者」という新聞記事で上岡さんの名前を見つけた時は本当に驚きました・・[飛行機]

    http://globe.asahi.com/breakthrough/100614/01_01.html

    ドイツで下積みから経験を重ね、老舗楽団を建直し、音楽大学での指導もされながら、

    その後次第に日本でも指揮者として客演が増えていき・・そしてある日、夢の通りに

    サントリーホールでピアニストとしてラフマニノフP協3番を弾かれたのでした[exclamation]

    アンコール曲は偶然にも前述の指慣らしの曲、JSバッハの平均律クラヴィア曲集

    第1巻第1曲プレリュード・・生きてて良かったと本気で思い(^^)音楽を続けた

    来られた上岡さんに感謝感激の忘れられない日となりました・・[バー]

    9月からは新日本フィルの音楽監督に就かれて個性的な指揮で熱演されています。

    ゆっくり時間をかけて、地元の方に愛される新日本フィルならではの音楽を作っていか

    れる事と期待していますが、欲を言えばもう一度「英雄ポロネーズ」を聞きたいデス![演劇]

    シューマン:交響曲第4番

    シューマン:交響曲第4番

    • アーティスト: 上岡敏之,ヴッパータール交響楽団
    • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
    • 発売日: 2010/04/21
    • メディア: CD


    nice!(13)  コメント(4)