So-net無料ブログ作成
食事・雑記 ブログトップ
前の20件 | -

秋休み [食事・雑記]

諸事情により休肝日ならぬ休ブログ日を少し増やして10月は秋休みにしようかと

目論んでいましたが、結局また更新してしまいました(^^;)。

ブログを見ないよう我慢するのが辛い・・というのは立派な中毒症状[ふらふら]

IMG_09305.jpg

中学・高校は何故か3学期ではなく2学期制で秋休みというものがありました。

その期間は文化祭の準備をするのです。校則もほとんどなく、制服もあるけれど

クラスで着ているのは着たい人2、3人だけであとは私服という、受験校とは思え

ない程、自由で大らかな面白い学校でした。

IMG_100118.jpg

中学1年の文化祭で演劇をすることになり、秋休み中練習に行こうと

家から最寄り駅に向かう途中で、お巡りさんに職務質問されました。

言われてみれば午前10時頃は中学生なら学校で勉強している時間です。

授業もないその日はいつも以上にラフなミニスカートに厚底サンダルという

チャラい格好をしていて、大きなバッグに外国の貴族か何かの役の衣装だった

ベルベットのドレスと化粧道具を詰めて持ち歩いていたのでした。[わーい(嬉しい顔)]

IMG_100117.jpg

遠距離通学だったので、お巡りさんに上記の説明をしても「秋休みなんてあるか!」

「鞄の中身が怪しすぎる」と不登校もしくは家出、更にはヤバイお仕事を疑われて

補導されそうになりました。当時は腹をたてたけど、疑うのも当然ですね[ダッシュ(走り出すさま)]

IMG_100112.jpg

お巡りさんと言えば・・

赤羽に住んでいた子供の頃は、友達と一緒によく派出所に遊びに行ったものでした。

お巡りさんと仲良くなると「今ここを離れられないから卵買ってきて」とお使いを頼まれ

意気揚々と商店街に買いに行ったり、落ちている100円玉を見つけては届けにいったり

して、職務を手伝っているつもりでいました。今考えると逆に公務執行妨害をしていた

ような気もしますが・・(暴行や脅迫じゃないから違うか)[がく~(落胆した顔)]

「100円玉を落としました」って警察に引き取りに行く人、いないですよねえ(笑)。

IMG_100115.jpg

その他にも焼き芋屋さんとも親しくなって車を引っ張らせてもらったり、

道路工事や家の建築の様子を眺めさせてもらったり、随分のどかな時代でした。

親は自分の子供がそんな事をしているとは知らなかった様ですけどネ(^Д^)。

IMG_092414.jpg

(画像は本文とは全く関係ありません[手(チョキ)]



nice!(41)  コメント(20) 

BAR「十誡」 [食事・雑記]

ちょっと前の事になりますが・・

久しぶりに銀座の「アパルトマン301」に立ち寄りました。

かねてから、ここで本を読んでみたいと思っていました。


IMG_092020.jpg

窓際はライトもあり十分な明るさがあります。

ここで開いたのは、かなり昔に読んだことのある「江戸川乱歩傑作選」。

時間が前後しますが、前述の「鏡地獄展」に行く前に復習しようと。

IMG_09202.jpg

家や電車の中ではちょっと・・という「鏡地獄」「屋根裏の散歩者」

「人間椅子」等を此処で読みたいなあと思ってしまったのでした。

まだ未成年だった頃は怖ろしさや不気味さに圧倒されましたが

改めて読んでみると、人としての性の哀しさや当時の時代性、

社会的に浮かばれない者の鬱屈などが強く感じられ、味わい深かったです。

IMG_092009.jpg

そして銀座と言えば、もう1件。

数年前に泰明小学校近くの地下二階にできたという

「ART BOOK MUSIC&CAFE BAR 十誡」。

入口からして妖しい雰囲気が漂います。


IMG_09207.jpg

耽美・幻想系を中心に美術書・写真集・レアな文芸書等

約2000冊の蔵書やクラシックのレコードを手にとって眺められ、

ディスプレーも「秘密の地下図書館」に相応しく統一されています。

IMG_09203.jpg

お店の看板とパンフレット

IMG_09208.jpg

IMG_09-01.jpg

ここのオーナーは人形作家の土方陽菜さん。作品も飾られています。

近くに積んであった画集のようなアンデルセン童話をパラパラ・・

IMG_09206.jpg

カクテルは体質的にNGなので、文豪カクテルの写真は撮れず[もうやだ~(悲しい顔)]

銀河鉄道の夜をイメージしたノンアルコール「星めぐり」を注文。

ブラックライトを当てるとこんな感じで、まさに星空[ぴかぴか(新しい)]

IMG_09205.jpg

下記のHPはとても美しいので、宜しければこちらもご覧下さい。


チャージ料もかかりますが座席数に限りがあり人気もある為

来店前にWEB予約する方が確実です。[バー]

下記の老舗めぐりもいかがでしょうか。


nice!(45)  コメント(12) 

鉱物カフェの虹標本 [食事・雑記]

虹色になるコレステリック液晶で「虹標本」というものを作りました。

下の写真は出来上がりの見本です( ´艸`)。

IMG09243.jpg

鉱物好きには憧れの「Cafe SAYA」というお店が東十条にあります。

土日のみ開いている小さなお店ですが、ワークショップやちょっとした

面白い理科実験も行っており、今回初めて参加してみました。

詳しくはこちら→ http://kirara-sha.com/

(ネットショップ「きらら舎」の実店舗が「Cafe SAYA」です。)

IMG_09245.jpg

鉱物の名前(燐灰石、蛍石など)がついたソーダを飲みつつ

元教師でもある店長のSAYAさんの説明を聞きます。

(ソーダの中身は普通にブルーハワイやベリーです。)


そして配られた作成キットで各自実験開始(^O^)!

・・といっても白い粉末にスポイトで精製水を注入し、

ジップロックの中でひたすらコネコネするだけ。[手(チョキ)]

なのですが不器用な自分のはダマだらけになりました(^^;)。

この粉末はヒドロキシプロピルセルロース(HPC)という

医薬品添加物にも使われる人体には無害なもので

水を含むと液晶になり、濃度により反射する光の色が変わるのです。

IMG092411.jpg

予約参加した6名とお店の方2名で和やかにお話ししたり

お店の品物を物色したりしながらこね続け、

白い部分がなくなったら数時間放置し、小瓶等に絞り入れます。


温度や水分量を変えたり、ブラックライトを当てると色が変化するそうですが、

きれいな虹色になってきたので、しばらくはこの色を楽しむことにしました。


お店の中は鉱物標本やモルフォ蝶、オウム貝などが所狭しと並んでいて

ワクワクしてしまいます。子供の頃からアクセサリーになった宝石より

ゴツイ岩石の方が何となく好きなのです(^▽^)。

IMG_092410.jpg

鉱石の秤売りもしています[ぴかぴか(新しい)]



下の写真はアンティーク時計のケースを使った「鉱物タルト」(@@)。


こんな時間に行けるのは最初で最後かもしれないので

お財布と相談しながらお土産を厳選。

(左からレジンアクセサリー/赤鉄鉱/雪硝子の卵/蛍石)

IMG_092411.jpg

これらに光を当てるとこんな風になります。ひゃあ~!!(*゚∀゚*)

IMG_092417.jpg IMG_092420.jpg

買い物だけなら予約なしでOKです。

(わかりにくい箇所を9/27に修正しました)

関連本のご紹介と虫の写真あり注意!


nice!(47)  コメント(10) 

目黒雅叙園 [食事・雑記]

先日、駐車場に停めてあった車に乗ろうとしたら・・


車の窓が茜色に。振り返ると空が美しく染まっていました。

IMG_20170829_214844.jpgIMG_20170829_214724.jpg

 こういう瞬間、疲れが吹き飛びトキメキます。パシャ。(撮影の音)

IMG_20170829_214746.jpg

刻々と色は変わるけど、まだ上の方に青空も残っていたりして。

周りに高い建物がないからか、ここの空は広くてきれいに見えます。

ところで本題の目黒雅叙園というと。。(パンフレット画像より)

IMG_20170830_192910.jpg

「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった「昭和の竜宮城」。

私はつい「忍たま乱太郎」を思い出してしまうのですが

20年以上前に初めて訪れた時は、小川が流れる豪華化粧室に驚きました。

(追記:現在、正式名称は「ホテル雅叙園東京」となっています)


中学・高校を通してつるんでいた友人5人組がおりまして

今でも年に1,2回食事をしています。今回はここが雑談会場。

ランチバイキングのお店は改装中で、宴会場を仮店舗にしている為

美味しさそのままお得な価格設定になっていたようです[手(チョキ)]

(が、話と食事に夢中で肝心の写真がありません・・[がく~(落胆した顔)]

ここが新装オープン予定のお店でしょうか?

IMG_20170830_180926.jpg

その後、腹ごなしに園内を散策。

外国人受けしそうなカラフルな彩色木彫板や天井装飾画も楽しめます。


百段階段では9/26~流派を超えたいけばな展が催されるようです。


IMG_20170830_182516.jpg

突然パパラッチみたいにパシャパシャするハズカシイ姿を皆様に

晒して、なんかスミマセン。と言いつつやっぱり撮る(^^)

IMG_20170830_182739.jpg

場所をティーラウンジに移して更に話は続きます。

IMG_20170830_183519.jpg

こちらは窓の向こうに滝が見える日本庭園があって、

ちょっとしたリゾートのようです。

椿山荘やニューオータニなどもそうですが、

結婚式場も兼ねた老舗ホテルはお庭がいいですね。[るんるん]

IMG_20170830_183101.jpg

当日は4組のカップルが写真撮影していました。

白無垢やドレス姿の女性はいずれアヤメかカキツバタ、

揃いも揃って美男美女なのは宣伝用の撮影なのでしょうか。。

介添の方が、池の鯉がきれいな円を描くよう水面をガシガシっと

棒でかき回して渦を作るのが面白かった(@^▽^@)。

IMG_20170830_183240.jpg

40年近いつきあいになる友人達は、それぞれ仕事も

抱える問題も異なり、家も離れています。それでも互いに調整しつつ

5時間近いノンストップ・トーキングが楽しめるのは

いろいろな意味で恵まれていて幸せなのだと思います。

不束者ですが今後とも末永く宜しく・・って夫婦かよ?(笑)

IMG_20170830_174750.jpg

(天井装飾画の一部)

追記とお詫び


nice!(54)  コメント(18) 

サケビー君の日常 [食事・雑記]

暑くて外出したくないと、家の中で探索をはじめたサケビー君。

おや?こんな所にお仲間らしき球体関節人形発見・・

IMG_20170803_203025.jpg

しかもかなりの美少年・・あれ、サケビー君顔赤いよ?

IMG_20170803_204117.jpg

ズッキューン! イエス、フォーリンラブ![ハートたち(複数ハート)]

(浦川純「五つの楔」より「幽閉」)

IMG_0806サケビースコープ.jpgIMG_20170803_212419.jpg

これは何?・・スコープを覗いてビッックリ仰天。わお~別世界[exclamation×2]

(桑原弘明「scope」の表紙の写真を拝借)

サケビー君、メルヘンチックなカボチャの馬車をひくのがお仕事です。

(え、馬車って馬が曳くんじゃないの?)

しかし、これは世を忍ぶ仮の姿。

IMG_20170803_220203.jpg

実は某劇団で講師も務める演劇界の隠れ重鎮なのです。

IMG_20170803_213719.jpg

北島マヤちゃんの師匠、月影先生に黒いドレスを薦めたり

石や木になりきる演技を教えたのもサケビー君らしい・・

微動だにせず立っているだけで木の存在感が出せるんです。

IMG_20170806_165518.jpg

ボランティアで絵本の読み聞かせもしていますが、

驚いた子供に泣かれると、ちょっと落ち込みます。

IMG_20170806_164931.jpg

そんな時はカラオケで「千の風になって」を熱唱したり

IMG_0806サケビー人形焼き.jpgIMG_0809サケビー雷おこし.jpg

おやつを独り占めしたり・・大きい(←サケビー君が小さいの!)

(浅草みやげ・木村屋本店の人形焼と常盤堂お濃茶雷おこし)

IMG_20170803_214813.jpg

ボーッと海を眺めたりしてリフレッシュ。

(「window scape窓のふるまい学」より拝借)

IMG_20170803_214300.jpg

好きな言葉は「縁の下の力持ち」。曲がった橋脚もなんのその。

(大人の塗り絵・フランスの風景編より)

ひょうきんさに隠れた真面目な一面をご紹介させて頂きました。

・・とか言ってただの過去記事の焼き直し?(バレたか)[ふらふら]


以上をもってサケビー君、しばらく夏休みに入ります(zzz)

nice!(41)  コメント(22) 

サケビー・デビュー [食事・雑記]

はじめまして。サケビーです。

IMG_08サケビーピース.jpg

ムンクさんの有名な絵画「叫び」を立体化した

フィギュア一族のメンバーです。[晴れ]

元は少々鬱気味で内向的だったはずだけど、

ダンスを始めてちょっぴり陽気になったみたい(^^)。

IMG_08サケビー盆踊り.jpg

とりあえず昔取った杵柄で炭坑節・・と思ったけど

ブログなのでもうちょい若者風にアピールしてみようかな。

IMG_08サケビー1.jpg

イエ~イ!うーん、でも背景が黄昏れてちゃ、イマイチだね。

・・ってことで思い切って大都会にワープ!!

IMG_08サケビー大都会.jpg

むむ・・ビアガーデンの酔っ払いにしか見えないぞ?

次回は何とイケメンダンサー、セルゲイ・ポルーニンと

ダンスのコラボをする予定。楽しみだなあ。。[わーい(嬉しい顔)]

「うなされそう」とか言わないで、皆様いい夢みて下さいね!


nice!(35)  コメント(18) 

ホリデー車検 [食事・雑記]

車検に行ってきました。最近は「ホリデー車検」を利用しています。

事前に電話連絡しておくと、以前のデータや走行距離等から必要と思われる

部品を用意してくれるので、点検と説明、部品交換から支払いまでが

1時間ちょっとで終わります。[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

IMG_20170726_173448.jpg

目の前で全部開けて消耗品の状態や料金を丁寧に説明してくれた上で、

交換するかどうかは自分で選ぶ事ができるので良心的だと思います。

待っている間に無料自販機のアイスイチゴオーレを飲みながらアンケートを記入。

IMG_20170726_171010.jpg

自販機の隣には大水槽が2つあって、左はグッピーなどの小さな熱帯魚や小エビ系。

右側には名前の通り銀色が美しい大きなシルバーアロワナがゆうゆうと泳いでいます。

アマゾン原産らしい鋭い眼光、いかつい顎、なかなかいい面構えです。

その周りで愛嬌たっぷりのパロットファイヤーというお魚3匹がじゃれ合っています。

正面から見るとおちょぼ口がハート型になっていて超きゃわいいじゃないの。[キスマーク]

IMG_20170726_161954.jpg

このお魚たちは混泳に向いているそうですが、お顔からしてまさに親分・子分!

「親分、どこまでもついていきますワ」「黙ってついてこいや」的な感じ。。

スマホを家に忘れてきたのですが、この組み合わせがあまりにもナイスだったので

アンケート用に借りたボールペンで封筒の余白に落書き(^^;)。

が、そのアンケートセットもまもなく取り上げられ・・いえ、

お返しさせて頂いたので、さかなクンもどきのふざけた画像でスミマセン。[がく~(落胆した顔)]

その後はお店の雑誌3冊(温泉、料理、旅行)にざっと目を通すうちにもう終了。

まだ読んでいない雑誌があと2冊あったのに・・いえいえ、充分快適でした(笑)

走行距離と故障リスクが増えてきたらディーラー点検も

視野に入れるつもりですが、今の所問題はない、かな・・?

nice!(44)  コメント(14) 

フォレスティーユのオムライス [食事・雑記]

IMG_20170628_150401.jpg IMG_20170628_150501.jpg

上野の東京文化会館2Fにある、フォレスティーユ精養軒。

IMG_20170628_145748.jpg

エントランスがちょっと暗くてレトロ

IMG_20170628_150041.jpg

中は老舗レストランらしい、良き昭和の風景。

IMG_20170628_150137.jpg

定番のオムライスは、デミグラスかカレーソースを選べます。

エビフライの刺さりっぷりが潔いねえ。[グッド(上向き矢印)]

奥に小さく写っているのは洋風中華丼のチャップスイ(だっけ?)。

お値段も手頃で安定した美味しさです。

外のカフェHIBIKIの「パンダ肉まん」も妙に可愛いですね。

派閥争いの様相を呈してきた職場が、ピリピリして疲れます。

どちらも張り合うのが好きですねえ [ダッシュ(走り出すさま)]

「はいはい、あなたの勝ちですよ。」で済ませたくなる(テキトー)。

気晴らしに付き合ってくれて、megさんいつもありがとう。

本題の美術展の感想は気力が続かず次回ということで。。

何を見たかのヒントはこちらの画像。

IMG_20170628_150800.jpg

このオブジェがある美術館で開催中。球体に映っている建物の形も

何となく今回の展示物に似ているかも?

もうすぐ終了するので、ご覧になった方も多いと思います。

では、お休みなさい。

※ご訪問も遅れがちですみません。(m--m)

続きはありません


nice!(29)  コメント(10) 

個人的ブログ効果 [食事・雑記]


紫陽花があちこちで咲いていて、目を奪われてしまいますね。(運転中は危険)

このブログは一応アートをテーマにしていて、浦川純さんの人形と桑原弘明さん

のスコープを紹介して広めたいというのが当初の目的のひとつでした。

が、解説できるほどの知識もないので、いつも「美しい」「綺麗」「素晴らしい」の

3語のヘビロテで済ませているような気もしてきました・・(笑)。

それでも書いているのは、頭から離れない仕事のことや考えすぎてしまうあれこれを

脳内でリセットするのに絶大な効果があるからなのです。

普通、寝る前のIT(ネット)は眠りを妨げると言われていますが、へそ曲がりな自分は

何故か爆睡できるのです。(効果には個人差があります)

残したくない記憶は早めに消し去り、好きなもので脳内を埋め尽くす! [プレゼント]
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の「私のお気に入り」の応用です。


息子の療育と仕事に追われていた20年間は、通院や役員活動、面談等で有給を

使い切り、好きな本・音楽・美術・映画に関わる余裕が殆どありませんでした。

その空白の20年間は浦島太郎状態なので、何が流行っていたのかも知りません。

今のように自分の好きなことに時間を割ける幸せはそう長くは続かないだろうから

この恵まれたひと時を「もったいないので記録しておこう」というのもありました。

(補足するとその間は、自分の趣味より息子と楽しめるものを優先していた

だけなので、息子の好きだったプールやイルカのいる海に行ったりして世界が

広がった面もあり、それなりにいつも楽しんではいました。

記録がないので忘れているだけ・・というのもあるかもしれません[晴れ]


唐突ですが、20年位前の新聞の読者投稿欄(クスッと笑えるような話が載るコーナー

でした)に載っていた話で、印象に残っているものがあります。

「小学校の図画の時間に先生から遠足の絵を描くように言われ、風邪で遠足を休んだ

生徒は病院で診察を受けている絵を描いた」・・というものです。

なんて頭の柔らかい、ユーモアのある子だろう、ここで笑いを取れるってスゴイ!と

私は爆笑しつつも感動しました。

しかし、それを見て「遠足に行けなかった子供の気持ちを考えないなんてヒドイ」

「先生もデリカシーがない」と憤ったり気の毒がる人もいたので驚きました。

その時「笑い」は万人に共通する訳ではなく、意外と難易度が高いものなのだと

知りました。・・という訳で(?)不特定多数の人が読む可能性のあるブログは、

友人から期待されていた笑いは封印して、テキトーで天然(と言われる)な自分と

かけ離れた真面目ブログを作ることにしたせいか、若干違和感を感じています。

何となく浮き世離れしているところは、そのままかもしれませんが。。[わーい(嬉しい顔)]


通りすがりに入ってみた、越谷市にあるギャラリーです。

終了してしまいましたが、淡い色の桜やシロツメクサがいっぱいの、

ほわっとして優しい水彩画展でした[るんるん]

nice!(41)  コメント(26) 

いちごの収穫と更年期 [食事・雑記]

苗を頂いてプランターに植え替えた苺。無事、収穫の時期を迎えました。

粒はくっきり、へたはピンとして河童の頭みたい。


2個をお皿にのせて分け合う、1杯のかけそば状態[がく~(落胆した顔)]

ですが、予想外に甘くておいしかったです。


一方、海の向こうシチリア島では主要7カ国首脳会議が開かれています。
それに合わせ?日清「世界カップヌードルサミット2017」発売中。
IMG_20170527_202407CNサミット.jpg

続きを読む


nice!(35)  コメント(14) 

交換日記の思い出 [食事・雑記]


花の時期が終わって、ちっちゃい実をつけ始めた

プチトマトとワイルドストロベリー。



・・というのの後に、最初は読書感想を載せたものの


とても読み辛く、考えるところもあったので


季節物の画像だけ使い回しして内容を改めました。


訂正前にご訪問頂いた方々には本当に申し訳ありません(m--m)


IMG_20170515_082845ダンスパーティー.jpg

「ダンスパーティー」という紫陽花。


IMG_20170517_123630雨に唄えば.jpg

去年買った紫陽花「雨に唄えば」は、まだ蕾。


[本] [本]

振り返ると、文章を書く楽しさを教えてくれたのは


小学校3・4年の担任の先生だったと思います。


班ごとに王国を運営させ、自分たちなりの規則や国旗を作らせたり


本を読んで感想を提出すると特製カードを下さる等、


発想が自由で、アイディア豊富な先生でした。


その先生が何とクラスの33人全員と交換日記を始めました。


今日は何をして遊んだだの、友達との会話で感動した事、


飼っていた鳥、好きな曲やTVの事などネタを探し、見つからないと


空のパフェグラスを描いて「先生ならこの中に何を入れますか?」と


苦し紛れに書いたりしていました。そんな時もスイカやアイスの絵を


描き込み、楽しいコメントをつけて返して下さいました(笑)。


それが嬉しくて学年が変わるまで毎日やりとりをしていましたが


いつのまにかみんな提出しなくなり、続けていたのは自分だけだったと


知ったのはかなり後になってからでした。。[がく~(落胆した顔)]

IMG_20170517_123917チェリーセージ.jpg


その後、ただの日記は飽きっぽいので三日坊主に終わり、


文章も中身も小学生レベルを保ったまま(^^;)


同じ様な感覚でブログを書いていることに最近気がつきました[わーい(嬉しい顔)]


チャンチャン!


nice!(41)  コメント(17) 

雨のあと~本のある喫茶店その2 [食事・雑記]

さくらんぼが実っています。ツヤツヤです。

さくらんぼ.jpg

雨のあとの、庭のシャクヤクのつぼみ。瑞々しい。

芍薬の蕾.jpg

続きを読む


nice!(44)  コメント(22) 

ビブリオテーク 本のある喫茶店その1 [食事・雑記]

前回の記事で有楽町近辺を取り上げたついでに
東京フォーラム前.jpg
ちょっと前の掘り起こし記事になりますが。。
有楽町ルミネ1にある「カフェ&ブックス ビブリオテーク」。
パンケーキで有名なお店だそうです。
ビブリオテーク4.jpg
喫茶店&スイーツ好きの自分、その魅力にはあらがえません[バースデー]
たまには抗ってみなさいよ、という声は無視[パンチ]
本もたくさん陳列されているというので興味津々。
昼食時でしたが、それほど待たずに入れました。
ビブリオテーク1.jpg
薄暗い書斎のイメージでしたが、窓からの光が入って意外と明るい。
夜はまた雰囲気が違うかもしれないですね。
ビブリオテーク3.jpg

続きを読む


nice!(34)  コメント(12) 

あはれ花びらながれ [食事・雑記]

パソコンのハードディスクの破損により、ご無沙汰しておりました。
 
少しずつ訪問等させて頂いておりますので、また宜しくお願い致します。
 
あれ、鉢植えの土がこぼれている?自転車がぶつかったかな。。
 
  白い鉢花.jpg
スマホを買って初めての春だったので
浮かれて写真を撮りながら、様々なことを思い出していました。 
 
晴れた日の福祉村.jpg
 
お若い頃「光源氏」の異名をとったという国文学者の秋山虔先生が授業で
 
「桜の美しさは子供にわかるはずがない」というようなお話をされていたこと。 
 

続きを読む


nice!(22)  コメント(8) 

ちょっと休憩 [食事・雑記]

そういえばドラマ「カルテット」、最後まで良かったなあと思いました。
マスコミに追いかけ回されても逆手にとって利用する姿は、
運命(毒親?)に翻弄され続けた子供の頃とは違う、
したたかでピュアな大人になった彼らの真実。
再結成したけど、相変わらずしょぼい仕事なのも微笑ましい。
聞き逃したセリフもあるので、再放送してほしいわ~。 
midori2.jpg
花粉症もあるので目と鼻が痒いのは辛いけど、
春らしい暖かい日が増えてきて、何となくウレシイ。。
小説や映画では、救いのない悲劇的なものこそ真実だと思っていた時期があって
ハッピーエンドだと騙されたような、馬鹿にされた様な気がしていました。
季節なら破滅に向かう燃えるような美しい秋。
それが、いい加減大人になり現実でも厳しい経験を少なからずしたせいか
(現実の報道が架空の話より酷かったりするからかも)
最近は「嘘でもいいから」ほっとするような、
心が暖かくなり、希望が感じられるような話や
明るく優しい音楽が聴きたくなったり、
そういう世界に救いを求めて逃げ込みたくなることが増えました。
季節でいえば、まさに春。
 midori.jpg

続きを読む


nice!(35)  コメント(17) 

茶房「山十一(やまじゅういち)」 [食事・雑記]

(前回から続きます)

公園周辺を歩き回り、喉が乾いたというリクエストに応えて大好きな休憩を(笑)。

旧区役所近くの住宅街にある「山十一(やまじゅういち)」という喫茶店へ。

山十一外観.jpg akari.jpg

こちらはほとんど宣伝をしていない、知る人ぞ知る穴場的カフェ。

 古民家や隠れ家というより、ご近所さんの御宅に招かれたような感じ。

天井が高くて、大きな柱時計がカチコチ心地よいリズムを刻んでいます。

畳のお座敷、テーブル席とカウンターがあり、空いていれば好きな所に座れます。

グラス.jpg

山十一室内.jpg

マスターがこだわりのコーヒーやお抹茶を一杯ずつ丁寧に淹れて下さるので

急ぎの方や団体さんには不向きですが、ゆっくりしたい方にはピッタリです。

たまにピアノや尺八の演奏が行われることもあるそうです。

抹茶.jpg

コーヒー.jpg

お抹茶には桜餅、コーヒーにはパウンドケーキがついてどちらも500円。

私はテーブル席で久しぶりにお抹茶など頂きましたが、美味しかったですヨ。

地元のお話や店内のお人形のお話も伺い、「そんな、大した所では・・」と

謙遜されながらも撮影をOKしてくださって、ありがとうございました。

また機会があればお邪魔させていただきたいと思います。[るんるん]

http://www.geocities.jp/yamajyuichi/index.html

続きを読む


nice!(19)  コメント(3) 

ドラマ『カルテット』第二幕 [食事・雑記]

1月に始まったドラマ「カルテット」。結構ファンも多いのではないでしょうか。 

『30代の4人の俳優と坂元裕二の脚本による、ラブストーリー、サスペンス

コメディーなどの要素を交えた、「ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような

大人のラブサスペンス」を標榜している』(Wikipedia「カルテット」より)。

その通り、謎すぎる登場人物とどう転ぶか読めないストーリー、

随所にこだわりが感じられるセリフや、ちょっとした笑いが魅力の異色のドラマ。

第一幕は、偶然出会った(ように見せかけた)4人が弦楽四重奏団を結成し、

週末生活を共にしながら活動していく流れを縦糸に、

主要メンバーに1人ずつスポットライトを当て、現在に至るまでの背景や

その人の鍵となる逸話を横糸として紹介していくような構成でした。

そして第二幕では、真紀さんは夫を殺したのか?という最大の謎が解け

ひと段落したかと思ったら、それぞれの弦が絡まって不協和音が起こり、

取り返しのつかない事態が巻き起こりそうですね。(駄洒落か)

前回の巻さん夫婦それぞれの立場からの告白には、見入ってしまいました。

カルテット1

続きを読む(長文、ネタバレ注意です)


nice!(23)  コメント(4) 

浜松餃子とうなぎ飯 [食事・雑記]

浜松に行ったら絶対食べようと思っていた浜松餃子。

あまり調べもせず表の看板に誘われて駅中の「石松」さんに入りました。

浜松餃子石松.jpg

浜松餃子というとたっぷりもやしが添えられているのが特徴?

石松さんの餃子の具はキャベツたっぷりの野菜がメインなのだそうです。

豚肉と野菜の焼き餃子を5個づつ食べ比べできる「焼焼定食」。

特製酢醤油をかけますが、頼めば醤油・ラー油を持ってきてくれます。

焼焼定食.jpg

私が注文した「焼水定食」は、外はパリパリ中はジューシー、

あっさりした野菜焼餃子と、つるっとした野菜水餃子が5個ずつ。

10個もたべられるかな?と思いましたが・・あっという間に完食(^^;)。

うまかった~。ごっつぁんです!

焼水定食.jpg

結構なボリュームだったので、翌朝のバイキングは控えめにするつもりが。。

続きはこちらへ。


nice!(29)  コメント(4) 

うなぎパイファクトリー [食事・雑記]

あと、浜松で思い浮かぶのは「浜名湖のうなぎ」「うなぎパイ」「浜松餃子」。

食べ物ばっかりですみません・・

ということで、春華堂さんの「うなぎパイファクトリー」へ工場見学に行きました。

http://www.unagipai-factory.jp/

トラック.jpg

「夜のお菓子」というキャッチフレーズで有名になったうなぎパイ。[キスマーク]

元は「うなぎパウダーで精がつく」という意味ではなく、夜に

出張帰りのお父さんが買ってきたおみやげを囲んで、家族団欒のひとときを

過ごしてほしい、という事だったそうです。全然違うじゃないの(笑)。

受付で代表者を記名すると、入場無料なのに1人1人にミニうなぎパイ3個入1袋が配られます!

あとは自由に製造工程を小窓から覗いたり、ガラス張りの工場を上から眺めたりできます。

工場.jpg

続きはこちらへ。


nice!(23)  コメント(6) 

もちもち明太チーズトースト [食事・雑記]

かつてホテル風の朝食に憧れて、不器用なのに「グランドハイアット東京」の

レシピを作ってみようと奮闘した時期がありました。(すでに過去形)

GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ

GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ

  • エッグベネディクトの要となるサバイヨンソース。

澄ましバターを作って70度の湯煎でどーたらこーたら。。

一瞬で食べてしまう朝食にこんなに手間をかけるのか。。[時計]

といって代用品で手間を省くとやっぱりそれなりの出来?

朝早くから手間や材料を惜しまず作ったものだから、あのお値段。

+雰囲気も楽しめて、場所代、人件費が上乗せされているのだから

高いはずだわ~と妙に納得し、何品か作ったところで力尽きました。

アボガドサラダ.jpg

盛り付けやテーブルセッティングだけでも真似できれば良いのだけど、

とりあえず見ているだけで満ち足りた気分になってしまう本です(笑)

ホテルの朝食とも関係なく、上の画像とは月とスッポンですが、

マイブームはオリジナル「もちもち明太チーズトースト」です。

続きはこちら。


nice!(16)  コメント(2) 
前の20件 | - 食事・雑記 ブログトップ