So-net無料ブログ作成
検索選択
写真集 ブログトップ

「世界の巨樹と絶景の森」 [写真集]

IMG_20170108_152124.jpg IMG_20170108_153151.jpg

最近寒いし先立つ物もないので、もっぱら脳内トリップを試みるうっかりくま。

丁度図書館で「絶景特集」絶賛開催中なので、また写真集でスミマセン。。

タイトル通り世界の巨樹や森を、地域ごとに分けて解説してあります。

上はイエメンの竜血樹。毛細血管の様な、ヅラを被ったシイタケか火星人みたいな

面白い形[るんるん]そこには過酷な環境で生き延びる知恵が詰まっているのでしょうね。

次はおなじみ屋久島のスギ原生林。「幹の樹脂分が多く腐りにくく、樹齢二千年を

超える個体が多数存在する」!行きたい~!と、ベストシーズンを調べてみたら

何と冬は雪が降るのですね[がく~(落胆した顔)]。亀の産卵や天の川が見える夏は下界が40度になり

台風、虫も大変そうなので5月や10月末がいいのかな?雨後も美しいらしいし。

レスピーギの交響詩「ローマの松」の題材にもなった「イタリアカサマツ」。

樹高は25m位、「毎年硬くて巨大なマツカサの落下による事故がある」とか。

事故とは、頭部打撲や車体の陥没の類でしょうか?(推測です)

ソノラ砂漠の弁慶柱(!)という世界最大のサボテンは「年に6mm位伸び、

75年で枝分かれし150~200年で15mになる」って観察した人、偉い!

「星の王子さま」に出てくるバオバブの木、「日立の木」で有名になったハワイ

オアフ島のアメリカネムの樹、樹齢2200年・樹髙84mのセコイア国立公園の

「シャーマン将軍の樹」など、巨木ファンには嬉しい写真がいっぱい[ハートたち(複数ハート)]

南アフリカプレトリアのジャカランダ並木、ドイツのケラーヴァルト・

エーダーゼー国立公園のヨーロッパブナなど、行けないけど素敵ですネ。

人間の一生をはるかに超える樹齢の木々を見ると心が落ち着きますね。

包容力のある、穏やかで達観した長老と向かい合っているみたい。

といってもそんな長老、物語の中でしか出会ったことがありませんが。

樹木が人間の行いによってみだりに寿命を縮めることがありませんように。。

世界の巨樹と絶景の森

世界の巨樹と絶景の森

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2015/07/21
  • メディア: 単行本

nice!(14)  コメント(2) 

写真集~窓、フィンランド [写真集]

画集や写真集や絵本は、高いし重いしかさばるのだけど、

何度も眺めたいのでつい買ってしまう。。(中古で)。

せっかく美しい写真を台無し画像にするのは気が引けますが

(というより著作権的に問題あり?)紹介の意味で・・

できればどこかで実物を手に取って頂ければと思います。

1冊目は「WindowScape 窓のふるまい学」。

YKKと東京工業大学塚本研究室の共同研究の成果をまとめたもの。

「陰影礼賛」や「銀河鉄道の夜」等の一節を引き合いに出しつつ

世界各地の窓辺を分類考察、撮影した見応えのある分厚い本です。

なぜ窓や格子の「向こう側の景色」に憧れてしまうのでしょうか。

もしかして前世は、牢屋とか監獄暮らしだったりして・・?[がく~(落胆した顔)]

IMG_20161124_221316.jpg DSC_0238.jpg

WindowScape 窓のふるまい学

WindowScape 窓のふるまい学

  • 作者: 東京工業大学 塚本由晴研究室
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2010/10/29
  • メディア: ペーパーバック

そしてもう一冊は、「フィンランド光の旅」。

フィンランドは緯度の高さから太陽高度が低くて弱いため、

物の立体感や奥行きが際立ち劇的な光景に感じる事が多いのと、

白夜やオーロラなどの特徴的な光環境を持つ風土とのこと。

アルヴァル・アールトの建築はもちろん、氷雪でできたバーや城、

静かな水辺や森の風景写真もあり、暖かい部屋にいながらにして

フィンランドを旅した気分に浸れます(^^)。

光をたくさん取り込んだたシンプルな建物が美しいです。[ぴかぴか(新しい)]

照明デザイナーの石井幹子さんは若い頃北欧でデザインを学ばれた

のですネ。真似しようにもできない、遠くて素敵な生活です[クリスマス]

IMG_20161124_223021.jpg IMG_20161124_222255.jpg

フィンランド光の旅 北欧建築探訪

フィンランド光の旅 北欧建築探訪

  • 作者: 小泉 隆
  • 出版社/メーカー: プチグラパブリッシング
  • 発売日: 2009/08/10
  • メディア: 大型本

フィンランド―白夜の国に光の夢 (世界・わが心の旅)

フィンランド―白夜の国に光の夢 (世界・わが心の旅)

  • 作者: 石井 幹子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本





nice!(15)  コメント(3) 

眺めていることの至福 [写真集]

 観察でも分析でもなくただボーッと眺めていることが好きです。

最も幼い頃の記憶は、初春にぬくぬくとこたつに入りながら、

カーテンの隙間から射し込む光の粒子をひとりで眺めていた記憶。

幼児期には水彩画風「人魚姫」のエメラルドグリーンの海の色と、

金色の泡と化した人魚が光に向かって登っていく場面に釘付けになり、

「白雪姫」が捨てられた森の樹木や草花の可愛らしさに目を奪われ、

「ちいさいおうち」の素朴な家とのどかな風景に憧れてじーっと眺めたり。

ちいさいおうち

ちいさいおうち

  • 作者: ばーじにあ・りー・ばーとん
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1965/12/16
  • メディア: 大型本

・・と振り返ると話の内容はどうでも良かったらしい(^^;)。

幼稚園に飾られていたミレーの「晩鐘」の複製画、

ドールハウスの窓から見える景色や白い大きならせん階段、

日時計の針が刻々と変わるのを休み時間になる度眺めていました。

小学1年の時、小高い校庭からいつも眺めていた屋根の連なりを

そのまま描いて東京都絵画展で特選になった事もありました。

さぞやボーッとした変わった子と思われていたことでしょう。

とても役立つ人材にはなれそうにない、ものぐさな怠け者かも・・

ということで美術展に時々連れて行ってもらっては喜んでいました。

理系の兄は博物館の方が楽しかったようで「三つ子の魂百まで」ですね。

肉体を持たずに純粋に視るだけの「千の風」みたいな存在になることが

究極の理想ですが、生きている間は叶わない夢ですね。。

なので写真集や画集を眺めるのが今でもとても好きです。[喫茶店]

いつもブログで美しい写真をUPして下さっている皆様には自宅に居ながら

楽しませて頂いて感謝しています!こんな楽しみ方があるとはブログを始める

まで知りませんでした・・今後ともよろしくお願い致します[黒ハート]


あさの絵本

あさの絵本

  • 作者: 谷川 俊太郎
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 大型本



「秘密の地下世界」 [写真集]

やたらと興味をそそられるタイトルと怪しげな地下神殿の写真・・

地下とか廃墟とか秘密とか鉱物とか、大好物(駄洒落じゃないよ)です。

生前の職業の制服を纏ったままのご遺体が並ぶ墓所には驚きましたが、

ナショナルジオグラフィック社編集の健全な調査記録満載の写真集です。

パリの地下といった人工的なものから、自然が作り出した壮大な光景、

謎の海底美術館まで、自分では行けそうにない所を頑張って取材してくれて

ありがとうございます!と言いたいです。

この本には取り上げられていないけれど、「春日部の地下神殿」(首都圏外郭放水路)に

行って見たくなりました。今は大雨の為水没している可能性ありですが・・[雨]

秘密の地下世界 [ ナショナルジオグラフィック編集部 ]





シェイクスピア・カントリー [写真集]

 「シェイクスピア・カントリー」(南雲堂)という、とっても素敵な本がありまして、

時々取り出してはうっとり眺めています。

シェイクスピアゆかりの地が、伸びやかで美しい写真とスーザン・ヒルさんの郷土愛溢れる

文章で綴られています。大型本ならではの迫力、見応え充分の文句なしの豪華本です!

風景も建築も、どの頁をめくってもすばらしく美しい・・。[ぴかぴか(新しい)]

こういう所に住むことの現実的側面も語られていて興味深いですが、

せめて夢の中に登場してもらえるよう、じっくり眺めてから眠ろうかな。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
写真集 ブログトップ