So-net無料ブログ作成

バベルの塔展~番外編 [アート]

(前回からの続きです)

先日訪れた東京都美術館「バベルの塔展」で見逃してしまった

大友克洋さんの「インサイド・バベル」と立体模型を

どうしても見たくなって再訪してしまいました。

この2つはどちらも無料で待たずに見られましたが。。

終了間際(しかも休日)の会場の混雑ぶりに驚愕しました!

入場までに長蛇の列で、冷水や団扇が配られていました(@@)

数日前(平日)は並ばずに入れたため、

地味であまり人気がないのかと思っていました。(ああ勘違い[ふらふら]

こちらがバベルの塔の断面を描いた「インサイド・バベル」。


なんですが・・本展への入場待ちの列に阻まれて立ち止まれず、

照明やお客さんが映り込んでしまいました[がく~(落胆した顔)]


左の大友さんの細密なイラストが内部に描き込まれていて、スゴイです!

これ自体がもう、立派な芸術品ですネ。ゆっくり見たかったなあ。

立体模型の方は、芸大構内にあるというので潜入してきました。




古色蒼然とした建物と深い緑がいい感じです。

東京芸術大学COI拠点主催で、ブリューゲルのバベルの塔を忠実に

拡大立体化し、プロジェクション・マッピングも融合した作品です。

IMG_20170702_14.jpg

「バベルの塔で働こう」というキャッチフレーズで、

カメラで撮った自分の姿が塔の中に映し出され、

小さく蠢いているのが見られるというもの(笑)。

IMG_20170702_6.jpg IMG_20170702_17.jpg

続きを読む


nice!(39)  コメント(12)