So-net無料ブログ作成
検索選択

熊たまうどんと宝登山神社 [風景・写真]

蠟梅を見に行く途中、熊谷駅構内の「熊たまうどん」というお店に入りました。

というのも秩父鉄道にタッチの差で乗り遅れ、ホームで待つのは寒かったので・・[いす]

このお店は、よくあるエキナカ・自販機チケット式のうどん屋さんなのですが、

何と「熊谷のうどんランキング(かなり限定的)」で人気ナンバー1らしい[ぴかぴか(新しい)]

うどんをゆでている間に、自らミニすり鉢でゴリゴリと白ごまを摺り、

テーブルの小瓶でオリジナル配合の七味唐辛子を作って待つのでした。

といってもどれがどんな味だかわからないので、適当にババッと入れてみる(^^;)

生卵が1個サービスだったり、プレスリーの曲が控えめに流れていたり(?)

シンプルで小さいながらも何やら随所にこだわりを感じるお店です。

私が頼んだ温玉うどんはつるっとした細麺。

七味の配合も絶妙だったのでしょうか、汁も美味しかったです[るんるん]

udon.jpgmusume.jpg

そういえば、熊たまのお姉さんも、秩父鉄道のお姉さんも清楚でかわいらしかったような。

髪はこんなではなくきちんと結んでいましたが、確かにこういう制服を着ておられました。

うどんといいお姉さんといい、肝心の画像がなくてあれですが、

なかなか秩父鉄道も頑張っていますね!

・・その後無事宝登山に到着し、蠟梅園の近くにある宝登山神社にお参りしました。

torii.jpgyamanoki.jpg

なんかいい雰囲気。宝登山神社は由緒あるパワースポットらしいですね。

炎に包まれた日本武尊を助けた二匹のお犬様達が祀られています。

さすがに「できる」感じの、精悍でかっこいいお姿。後光も射しています。

komainu2.jpgkomainu1.jpg

そしてもう1つ目を引くのが、この扇の形をしたおみくじ。

omikuji.jpg

初詣でおみくじを引いたので、混乱を避けるため今回は涙を呑んでパス。

ケーブルカー乗り場の前にすっくと立った凛々しい木の姿にも感銘を受け、

肩甲骨回しや背筋伸ばしで今年こそ姿勢を正そうと心に誓いました[手(チョキ)]

sanbonngi.jpg


nice!(17)  コメント(4) 

宝登山の蠟梅  [風景・写真]

今日は晴れて暖かくなるという予報だったので、

以前から行ってみたかった秩父長瀞の宝登山へ、蠟梅を観に行きました。

http://hodosan-ropeway.co.jp/tourism/roubaien/

遠足でよく行った長瀞も、寒い時期に行くのは初めてです。

駅前からシャトルバスが出ており、ロープウェイ乗り場まで5分で行けます。

日陰には2週間前に降った雪がまだ残っていました。

zannsetu.jpg

ロープウェイを降りて少し歩くと、眼下にキラキラの川や街が見えました。

kirakira.jpg

展望台付近でも蠟梅がきれいに咲いていました。

透き通るような黄色で俯きがちに咲くお花。かわいらしくて良い香り。。

appuroubai.jpg

原種である「和蠟梅」、単色の「素心」、花弁が丸い「満月」という

3種の蠟梅が混ざって咲いているそうです。現在西園は満開、東園は3分咲。

まだちょっと早かったようですが、青空に黄色が映えていました。

roubaitoyama.jpgroubaitosora.jpg

咲きかけた梅も発見。蠟梅と梅の両方が満開になったらとてもきれいでしょうね~!

ume.jpg

50人乗りのケーブルカーは満員でフル回転していました。

2月にはロウバイまつりも始まるので、更に混雑するのかな・・。

(次回に続く)


nice!(15)  コメント(2) 

「スラムドッグ・ミリオネア」 [映画]

 昔の映画シリーズは、2008年のこちらの映画で一旦終わり。

知らない人はいないくらい有名な作品を今頃見て感想を言う私。。(^^;)

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

  • スラム出身で教育も受けていない青年が人気クイズ番組で正解を連発し、八百長疑惑を
  • かけられる。警察に連行された青年は自らの過去を語る。彼は億万長者になれるのか?!
  • ・・というお話ですね。原作は「ぼくと1ルピーの神様」というインド人外交官のデビュー
  • 小説だそうですが、こちらはイギリス人監督によるイギリス映画だったとは。。
  • ストーリー全体がクイズ形式になっている構成も面白いですね。

更に原作にない主人公ジャマールの「兄」の存在が物語に深みを与えています。

冒頭の憧れの芸能人のサインをもらおうとする場面で、兄弟の違いが象徴的に

描かれています。狡猾で世渡り上手な兄と、どんくさいけれど一途で誠実な弟。

兄は弟を利用しているようで、結局は弟が目的を達成する手助けをしてしまう。

兄は仲間には信用ならない嫌な奴と思われていますが、いざという時には体を

張って弟やその彼女を守る、というか守る羽目に陥る損な役回りなのでした[ふらふら]

ドブネズミのような生活から何とか抜け出しても蔑まれてまともな仕事につけない、

子供が売買され、警察や法律が機能せず地元をしきるのはギャングというスラムの

現状や、ショッキングな場面も多いのですが、純情一路のジャマールのテーマ曲は

さしずめKANの「愛は勝つ」!(古い~)

賞金の2000万ルピーは日本円で3000万、物価からすると3億円位の価値が

あるとか。一躍有名人になったジャマールとギャングから逃れてきた彼女は一味に

狙われないのか?インド版腹黒みのもんた(クイズ司会者)の妬みは大丈夫か?

地頭が良く行動力もあるジャマールには、用心棒を雇って身を守りつつ、賞金で

スラムの子達に教育や職の機会を与えられるような事業を起こしたり、歌が

上手かったばかりに失明させられた仲間を探し出して救済してほしいものです。

といっても実話でないので夢のまた夢ですが、「希望」の物語の結末として。。[右斜め上]

実際スラム街の子供にパソコンを持たせたらあっという間に使いこなし、知識や

情報を手に入れた事実に基づいて原作が書かれていたり、映画の製作陣がムンバイに

寄付したりした一方、子役の父親が人身売買容疑で逮捕されたそうです。むむむ・・

(「インドの光と闇」のイメージ画像・・ではなくただのキャビネットの小物で~す)IMG_20170123_133247.jpg


nice!(20)  コメント(0) 

セブン・イヤーズ・イン・チベット [映画]

 (観光地化したポタラ宮・wikipediaより)

20年も前の映画なので、何を今更なのですが・・やっと見たので載せました。[わーい(嬉しい顔)]

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」(「薔薇の名前」のジャンジャックアノー監督)。

ご存知の方も多いと思いますが、アイガー初登頂を果たしたオーストリアの登山家、

ハインリヒ・ハラーの手記を映画化した実話です。ナチス政権下、身重の妻を残し国の

威信をかけた登山隊に参加中に戦争が勃発し捕虜になり、脱走先のチベットが中国に

侵攻され帰国するまでの7年間を、若き日のダライラマらと共に過ごしたハインリヒ。

オリンピックの金メダル等「1番になる、頂点を極める」事が目標であり誇りだった

自己中で自信満々のハインリヒが、目立つことより「自我を捨てる」のが貴ばれる

チベットで価値観の相違に戸惑う所が結構痛快。物質的豊かさや情報量の多さが求められる

社会と、精神性、倫理性が重視される社会、家族から引き離され英才教育をされた少年と、

息子に拒絶されて関われない辛さに苦しむハインリヒという、お互いに欠けたパーツが

ぴったり合った疑似親子のような二人が、他人には見せない本心を語り合う所が良いですね。

ダライラマ少年の宝物だった「月の光」を奏でるオルゴールが、ハインリヒの息子の心を開く

きっかけになり、扉の隙間から覗き見た息子が自分とそっくりな容姿だった所とか、登山を

通して長い間離れていた親子がやっと繋がることができた所にもホロっときました。

政治的な確執については詳しくないので言及しませんが、教育や環境だけでなく

子供の頃から心の気高さや立派な人格が備わった人というのがいるのかな、と

ふと思いました。ノーベル平和賞を受賞されたマララさんとか、こういう方達が

時代を照らす光になっていくのでしょうね[ひらめき] 地に足のついた、いい映画でした。

現実のチベットは様変わりして、昔々のお話になってしまったようですが。[ふらふら]

セブン・イヤーズ・イン・チベット [DVD]

セブン・イヤーズ・イン・チベット [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD
全くの余談ですが、天下のイケメン・ブラピ様が女性二人にこっぴどく振られる
なんて、現実ではなかなか無さそう。。監督、やりますね~。

続きを読む


nice!(18)  コメント(2) 

日曜美術館・戸嶋靖昌 [アート]

 ロウバイ

(「季節の花300」よりお借りした蠟梅の画像です)

予定がない日曜日には、NHK・Eテレで「趣味の園芸」「ヨーコさんの言葉」

「日曜美術館」をゴロゴロしながらのんびりボーッと眺めるのが楽しみです。

今日は大好きなロウバイ特集、花の少ない時期に鉢植えでも楽しめるのですね。

美術館は戸嶋靖昌さんという、孤高の画家をとりあげていました。

ベラスケスや内向的な哀しみが感じられるというスペインのグラナダに魅かれて

主にそちらで活動されていた方で、恥ずかしながら初めて聞くお名前でした。

石や木から彫り出したかのような存在感と、土から生まれ土に返っていくことを

想起させる暗い色調の人物画や風景画に引き込まれました。

孤高のリアリズム

孤高のリアリズム

作者: 執行草舟

今目の前に見えるその人の表面的な姿だけでなく、その人が背負ってきたもの、何十年もの

時間 をかけて形作られたその人の持つ本質的なものを描き出そうとされていたようです。

かつて良家で育ち、歴史に翻弄されて賽銭箱をあさるまでになった老婆を容認するグラナダ

という街と、彼女の内にある気高さ、正直さを描こうとした戸嶋さんに心動かされました。

グラナダの画像はこちら日美旅でどうぞ。

http://www.nhk.or.jp/nichibi-blog/400/261113.html

ヨーコさん・・は絵本画家佐野洋子さんの飾らない日常を淡々と綴ったエッセーの朗読と

素朴な絵が魅力で、クスッと笑ったり共感できる、短いけれど好きな番組の1つです[かわいい]

ヨーコさんの“言葉”

ヨーコさんの“言葉”

  • 作者: 佐野 洋子


nice!(12)  コメント(2) 

不具合につきお詫びなど [食事・雑記]

 IMG_20170121_221424.jpg

画像やアフィリエイトが上げられなくなりしばらく記事を休んでいましたが、

あれこれいじっていたら突如画面が復活・・なんだったのでしょうか??

その上、ブラピの「セブンイヤーズインチベット」「スラムドッグミリオネア」はともかく、

去年シネスイッチ銀座まで見に行った「さざなみ」「チョコレート・ドーナツ」、見そびれた

「あなた、その川を渡らないで」まで全部近くのゲオで借りられると知ってちょっとショック

・・旧作は86円!いつのまにそんなに安くなってたの・・(すっかり浦島太郎状態[がく~(落胆した顔)]

ネット配信が進んで、レンタル店は閉鎖の方向に向かっているのかしら。。

どの配信が充実しているかとか、ご存知の方がいたら教えてほしいです。

空しい操作を続けて疲れたので、感想は次回。。


nice!(9)  コメント(0) 

「長いお別れ」 [本・漫画など]

 「長いお別れ」という本を読みました。

長いお別れ

長いお別れ

  • 作者: 中島 京子
  • 発売日: 2015/05/27

「長いお別れ」=ロング・グッドバイとは、長い時間をかけて少しずつ自分の過去や

親しい人を忘れていく「アルツハイマー型認知症」を指すのだそうです。

小学校の校長だった厳格で真面目な父親が認知症になり、母親と3人の娘がその異変に

戸惑い、次々訪れる危機を綱渡りで何とか乗り切っていく様をユーモアも交えつつ

描いています。3人の娘が抱える問題や人間関係も今風でリアルに感じられます。

すったもんだの末にデイサービス・訪問介護利用から、入院、施設入所と家族が悩みつつ

決断を迫られる中、本人は呑気でマイペースな毎日を送っているのが微笑ましくもあります。

もともとが穏やかな方だったのと、お母さんが愛情を失うことなく根気よく上手に介護

されていたのだなあと感心します。日本の主婦は忍耐強いけれど、その献身に頼るのも

老老介護になると限界があるので、ひとりで抱え込まずに相談・協力できる人を内外に広く

求める、完璧をめざさない、ユーモアを忘れないこと等が大事なのかなと思いました。

仕事としては何十人も見送っても、家族の立場で覚悟できるかはまた別な気がします。

障害や病気に縁がなかった人でもかなりの率で訪ずれる介護問題。身につまされます。

この本を読んでいたのは、全国にチェーン展開している「星乃珈琲店」というお店。

スフレパンケーキが有名ですが、注文から焼き上がりまで20分以上かかります。

その間本を読んで待つという気障な事?を一度やってみたかったのでした(笑)。

思い切ってランチタイムにオムライスも追加注文して散財しつつ長時間居座り、

密かな夢が実現しました。うれしい[ハートたち(複数ハート)]美味しくて落ちついて過ごせるよいお店です[手(チョキ)]

IMG_20170116_172139.jpg IMG_20170116_172250.jpg

IMG_20170116_172204.jpg

先程始まったドラマ「カルテット」。松たかこ、満島ひかりなど出演者が

良いし、ちょっと面白そうです。サスペンスなのか?


nice!(21)  コメント(2) 

「ザ・フォール/落下の王国」 [映画]

 「映画絶景旅」で観たいと思った作品が、あっさりゲオで見つかりました。

ターセム・シン監督2006年印英米合作映画「ザ・フォール/落下の王国」。

以下、ネタバレ注意のあらすじ紹介。

(インド・アーバーネリーの階段井戸。目が眩みそう。 livedoor.blogimg.jp引用 )

撮影中の事故で歩けなくなり、主演俳優に恋人も奪われ自暴自棄になったスタントマン

の青年と、オレンジの収穫中に腕を骨折した5歳の少女が同じ病院に入院している。

好奇心旺盛な少女を利用し自殺用の薬を手に入れる為、作り話を聞かせる青年。

その劇中劇の色彩がとても強烈で(ナミブ砂漠の赤、ブルーシティや空の青、

階段井戸や敵兵の黒等)美しい映像叙事詩ともいえる世界を作り上げています。

青年の心境を反映して登場人物は皆裏切られ、叫び、復讐を誓いながら落ちていく。

少女は目を閉じて、病院に出入りする人々を頭の中で登場人物に置き換え、空想する。

お話を楽しんでいた少女は悲惨な結末がどうしても受け入れられずに、必死に

「私達二人のお話」を救おうと奮闘する・・。

話自体は青年がやけくそで適当に作ったお話なので感動巨編とは言い難いのですが、

少女の一生懸命さに青年が生きる力を取り戻していく終盤は、手に汗握ります。

サイレント、ウエスタン、ファンタジー・パペットアニメ、更にはロッキー(じゃ

ないかも)、ニューシネマパラダイスも取り込んだ様々な映画へのオマージュ。

24か国13もの世界遺産で撮影されたビビッドで不思議な映像、石岡瑛子さんの

衣装や民族舞踏(ケチャ・旋回舞踏)等、見所豊富な映画好きの為の映画かも。。

個人的には「お話し部分」の鮮やかさと、冒頭と最後に挿入される白黒フィルムとの

対比が面白かったのと、原題の「 The Fall」そのままに落下シーンがやたらと多い[バッド(下向き矢印)]

のがツボでした! 青年と少女も落下によって巡り合い、動物も手紙も飲み水も薬瓶も

弓矢もみんな落下する。そして最後に落下シーンの集大成が。。[映画]

あー、そうか。どん底まで落ちたらあとは上がるだけなんですね。


nice!(18)  コメント(6) 

「世界の巨樹と絶景の森」 [写真集]

IMG_20170108_152124.jpg IMG_20170108_153151.jpg

最近寒いし先立つ物もないので、もっぱら脳内トリップを試みるうっかりくま。

丁度図書館で「絶景特集」絶賛開催中なので、また写真集でスミマセン。。

タイトル通り世界の巨樹や森を、地域ごとに分けて解説してあります。

上はイエメンの竜血樹。毛細血管の様な、ヅラを被ったシイタケか火星人みたいな

面白い形[るんるん]そこには過酷な環境で生き延びる知恵が詰まっているのでしょうね。

次はおなじみ屋久島のスギ原生林。「幹の樹脂分が多く腐りにくく、樹齢二千年を

超える個体が多数存在する」!行きたい~!と、ベストシーズンを調べてみたら

何と冬は雪が降るのですね[がく~(落胆した顔)]。亀の産卵や天の川が見える夏は下界が40度になり

台風、虫も大変そうなので5月や10月末がいいのかな?雨後も美しいらしいし。

レスピーギの交響詩「ローマの松」の題材にもなった「イタリアカサマツ」。

樹高は25m位、「毎年硬くて巨大なマツカサの落下による事故がある」とか。

事故とは、頭部打撲や車体の陥没の類でしょうか?(推測です)

ソノラ砂漠の弁慶柱(!)という世界最大のサボテンは「年に6mm位伸び、

75年で枝分かれし150~200年で15mになる」って観察した人、偉い!

「星の王子さま」に出てくるバオバブの木、「日立の木」で有名になったハワイ

オアフ島のアメリカネムの樹、樹齢2200年・樹髙84mのセコイア国立公園の

「シャーマン将軍の樹」など、巨木ファンには嬉しい写真がいっぱい[ハートたち(複数ハート)]

南アフリカプレトリアのジャカランダ並木、ドイツのケラーヴァルト・

エーダーゼー国立公園のヨーロッパブナなど、行けないけど素敵ですネ。

人間の一生をはるかに超える樹齢の木々を見ると心が落ち着きますね。

包容力のある、穏やかで達観した長老と向かい合っているみたい。

といってもそんな長老、物語の中でしか出会ったことがありませんが。

樹木が人間の行いによってみだりに寿命を縮めることがありませんように。。

世界の巨樹と絶景の森

世界の巨樹と絶景の森

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2015/07/21
  • メディア: 単行本

nice!(14)  コメント(2) 

「映画絶景旅」を借りました [映画]

 前回に続き映画のお話を・・。

図書館で「映画絶景旅~アジア編」という本を借りてみました。

昔の映画から比較的新しいものまで載っていて、読むだけでも楽しいデス。

取り上げている映画の簡単なストーリー、キャスト、ロケ地の情報と共に、

スケジュール例やベストシーズン・費用まで親切に記載されています。

大好きなインド映画「きっと、うまくいく」の美しいラストシーンは、

インド北部のパンゴン湖という所なのですね。(CGかと思った・・)

IMG_20170108_152430.jpg

下はディカプリオ主演のザ・ビーチの舞台となった、タイ・ピピレ島の

マヤ・ベイという楽園。大麻がらみで高樹沙耶さんを思い出しますね。。

IMG_20170108_151818.jpg

他に見たことがある映画では・・

ラストエンペラー、戦場にかける橋、ラマン、トゥームレイダー、踊るマハラジャ、

ガンジー、地獄の黙示録、キリング・フィールド、オールド・ボーイ、猟奇的な彼女、

私の頭の中の消しゴム、ブラザー・フッドや、Jチェンもの等が載っていますねー。

高倉健さんの「単騎千里を走る」、「ハング・オーバー史上最悪の二日酔い」

「ダージリン急行」「落下の王国」をご存知の方がいたら感想を聞きたいです。。

ベルトルッチ×キアヌの「リトル・ブッダ」、「スラムドッグ・ミリオネア」

イ・ビョンホンの「王になった男」もまだ見ておらず、探そうと思っています。。

「謎解きはディナーの後で」は先日TVでやっていましたね(仕事中でした)。

セットでなく本物の豪華客船「スーパースターヴァーゴ」でロケをしたんだ!

以前シンガポールのラッフルズホテルで食事しましたが、当時はまだマリーナ・

ベイ・サンズホテルの空中プールはなかったなあ。。旅行気分も味わえるかな?

今度はヨーロッパ編を借りてこよう![ハートたち(複数ハート)]

映画絶景旅!  ~アジア編~ (JTBのムック)

映画絶景旅!  ~アジア編~ (JTBのムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2014/12/19
  • メディア: ムック


nice!(21)  コメント(2) 

「聖の青春」原作本 [本・漫画など]

 IMG_20170101_114450.jpg

去年末に松山ケンイチ主演で映画化された「聖の青春」の原作本を読みました。

名人になる夢の途上、将棋界最高峰リーグA級在籍のまま29歳で病の為

亡くなられた村山聖(さとし)さんの壮絶な一生を描いたノンフィクションです。

私は将棋のルールが理解できず、棋譜の解説部分はちんぷんかんぷんですが、

将棋好きの家族の影響で、そのお名前や肉丸君と呼ばれスーツが合っていない

独特の風貌には見覚えがありました。(師匠からの借り物だったのですね)

5歳でネフローゼになり、無理のきかない体で文字通り命懸けで将棋に

打ち込んだ聖さん。とんでもない我儘な面もありながら、まっすぐで飾らない

人柄で愛され、将棋そのものが自己表現、生きている証になっていたという。

A・クリスティ等の推理小説や少女漫画(萩尾望都、大島弓子など)も大好きで、

所得が高額になっても身なりに構わず本やCDに埋もれた安下宿に住み続けたとか、

幼いころから死と隣り合わせの生活が続き、ダニを殺すのも爪や髪を切る事さえ

拒否する程命を大事にしていたのに、勝負自体が相手を殺すも同然と気付いて

嫌悪感に苛まれていたとか、フォスタープランへの寄付を生涯続けたとか。

師匠との自由で破天荒な生活、負い目を感じる家族との関り、棋士同士の交流や

将棋界のしきたりなど興味深い逸話満載で、一気に読んでしまいました。

長老が将棋界を牛耳っていた時代に、20代初めで名人になった谷川浩司さんが

どれだけ羽生さん世代を奮起させた存在だったかも、初めて理解できました。

将棋が大好きで全てを投げうって打ち込んだとしても、プロとしてやって

いける人はごく少数。プロとして一流であり続けることは、勝負である以上

スポーツ界同様とんでもなく過酷な世界。タイトルやA級などの頂上をめざし、

ふるい落とされ、別の人生を選択していく多くの人々・・。

http://www.shokugyou.net/shoku-sports/shouginokisi.php

漫画「3月のライオン」の二階堂も村山さんがモデルかもしれないですね。

映画では東出昌大さんが演じる羽生さんも結構似ており、自ら志願した松山さん

も役作りの為相当体重を増やして臨んだそうです。

正月に見ようと思ったら終わってしまい、前回に続き残念その2(:--:)

映画のレビューを見ると、村山さんが闘志を燃やした相手が谷川でなく羽生に

なっている?羽生さんとは尊敬しあって仲が良かったはずなのに、話を単純化

するために事実を曲げてしまったとしたら残念その3ですねー。[ふらふら]

今年のキーワードは「残念」か?!

聖の青春 [ 大崎善生 ]



nice!(17)  コメント(4) 

いきものがかりとロック遍歴 [音楽]

「かわうそ」の画像検索結果 

(「かわうそ」画像より。ヴォーカルの聖恵ちゃんに似ているとの噂が。

うっかりくまも似ていると言われたけど、こんなにかわいくはない[ちっ(怒った顔)]

ニュースを見ていたら、「いきものがかり」が活動休止するとの報。

カラオケで景気づけにいきものがかりの「きまぐれロマンティック」を歌い

「帰りたくなったよ」の熱唱(?)で〆るのが定番だったので残念。。[カラオケ]

休止の原因はゲス不倫でも覚醒剤でもないので、リフレッシュして帰って来てネ!

何となく「青春」っぽい感じのバンドが好きで、レミオロメン、ゆずBEGIN、

JUDY AND MARY 、My Little Loverも未だに車で歌っています。。

学生時代から子供が生まれる頃まで(=20年前!)は主に洋楽ROCK派でした[パンチ]

定番の Beatles から始まって、Deep Purple、Led Zeppelin、THE DOORS、

Queen、Aerosmith、Cheap Trick、Mike Oldfield、King Crimson、

CAMEL、T. Rex、HANOI ROCKS、The Clash、Motley Crue、Bon Jovi、

Sting、 Gary Moore、Dead or Alive、U2、Guns N' Roses・・ 等々

流行りとはあまり関係なくはまったものを延々と聞いていたので、試験中や仕事中

頭の中をグルグル曲が回っていることもよくありました。。

B'zがデビューした時は、日本のロックもここまできたかと感慨深かった(^^)。

その後の日本のバンドは、洋楽の影響を受けつつ個性もあってレベル高いですね。

すごく前に短期間だけファンクラブに入っていたのがザ・ブルー・ハーツ

熱中していた頃は名古屋のコンサートにまで足を運びました[るんるん]共演は忌野清志郎、

仲井戸麗市、辻仁成、友部正人、あがた森魚・・濃い。というか渋い?

甲斐バンドと風の伊勢正三さん、レベッカ、中島みゆきも好きだった(^^;)

(子供ができてからは「お母さんといっしょ」「英語であそぼ」のDVDの

ヘビロテでロックとは縁遠くなり、それはそれで楽しかったですが。)

曲を聴くとその頃の気持ちや出来事を一緒に思いだしたりして、脳に深く

刻まれているのを感じます。と同時に聞いていた音楽で大体の年代がわかって

しまうのがこわいですね~[あせあせ(飛び散る汗)]Rocks

Rocks(エアロスミスの名盤!)




  • nice!(13)  コメント(5) 

    ぽかぽか陽気の初詣 [食事・雑記]

    元日はぽかぽか陽気。穏やかな新年を過ごされた方も多いのではないでしょうか。

    とりあえず近場の神社で初詣。土手を散歩すると背中も温かくてほっこりします[晴れ]

    IMG_20170101_160622.jpg IMG_20170101_160514.jpg

    こちらはコンパクトながら由緒ある神社らしく、おみくじやお守りの種類も豊富。

    「水琴窟の音がする鈴」は前述の画廊喫茶ザロフの店長さんもお気に入りです。

    甘酒と綿あめが無料でふるまわれ、ほとんど並ばず参拝できるのも嬉しい[黒ハート]

    IMG_20170101_160124.jpg IMG_20170101_155936.jpg

     わたあめGET![手(チョキ)]

    人混みが苦手なので、行列のできる某有名神社へは混雑が収まった頃

    ご挨拶に行く予定。神様は疲れて休まれているかもしれませんが。。


    nice!(13)  コメント(6) 

    謹賀新年 [食事・雑記]

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します[黒ハート]

    皆様にとって良いことがたくさんある年になりますように![グッド(上向き矢印)]

    IMG_20170101_114810.jpg

    休みは31日と1日だけなので、手関節を休めようと家の事は「手を尽くして手を抜く」

    という離れ技を使いました。(つまりは、さぼり)←またですか(笑)

    IMG_20170101_103235.jpg IMG_20170101_161333.jpg

    さて、この中で私が作ったのはどれでしょう?

    当たった方には1年間ブログ無料購読の特典を・・(笑)

    ところで、紅白歌合戦は紅白ダンス合戦みたいでしたね。

    (ブログや本を読みながら適当に聞き流していたのですが・・)

    再結成した昔のバンド(X-JAPANやイエモン)が、演奏するだけで

    踊らないのが何だか新鮮に見えちゃいました。。[カラオケ]

    パフュームがロングスカートで蹴りを入れる振付とバックの映像がかっこよかった!

    「恋ダンス」はガッキーがとても控えめに手だけちょこっと動かしてましたね。

    全員で踊れとは言わないまでも、そこにいるなら二人で踊ってほしかったです~[ムード]


    nice!(8)  コメント(4)