So-net無料ブログ作成

浦川純さんの創作人形 その3 [アート]

     141 (2).JPG  DSCN3028.JPG

すごく久しぶりに、浦川純さんの創作人形 その3です。

購入までの過程は10月9日・10日をご覧ください。

当時はサイズダウンの仕方がわからずUPできなかったので・・

こちらの撮影のために一眼レフが欲しいと言い続けていますが、

まだ買えていません。←スマホを買ってしまった為(^^;)

サンタさん、お願いします! [プレゼント] 

「働きなさい」[ぴかぴか(新しい)]と天の声が聞こえる・・(笑)

  198 (2).JPG DSCN3778 (2).JPG


nice!(23)  コメント(0) 

雪の夜のホラー画像 [風景・写真]

IMG_20161126_002033.jpg IMG_20161126_001332.jpg

先日54年ぶりに11月に積雪。。ということで

いつも車で通勤する道を徒歩で往復することに。

 IMG_20161126_001722.jpg

新雪が辺りを覆っていた朝は綺麗だったのに時間がなく、

帰りにはほとんど雪は溶け、周りは真っ暗。

何が写っているか確認せずにスマホでカシャカシャしながら

帰って見たらホラーな写真ばかり・・冬の怪談は寒すぎる(笑)

手振れで回転しているものも・・謎の海洋生物かと思った[どんっ(衝撃)]

へんなものばかりでスミマセン。。[雪]

IMG_20161126_002333.jpg

今度降ったらきれいな雪景色を撮りたいなあ。。

暖色系の人家の灯りにホッとしました。  

IMG_20161126_002757.jpg


nice!(15)  コメント(4) 

軽井沢っぽい? [風景・写真]

IMG_20161116_121314.jpgIMG_20161116_120758.jpg

雪のゲレンデでは女性が美しく見えるといいますが[スキー]

今の季節、空の青さや鮮やかな紅葉が背景になって、

いろいろなものが趣深く見えますネ。住宅地の散歩道が心なしか

軽井沢っぽく見えたり・・しないか(笑)。景観保護のために

電線は地中に埋めてくれればいいのに(という程の景観では・・)

5年位前に行った軽井沢の紅葉はほんとにきれいでしたが、

子供を引っ張りまわし駆け足で日帰りしたのでした。[雷]

(画像は各施設のHPからの転用で秋の景色ではありません。

葉っぱの色を赤や黄色に置き換えてご想像ください。。)

ハルニレテラスや高原教会と石の教会、トンボの湯、旧軽通りに

万平ホテルカフェテラスのロイヤルミルクティセット[ハートたち(複数ハート)]旨かった!

terrace_main

 閑散としていて空気が清々しかった穴場な公園、軽井沢タリアセン。

西武系バスが通らなくなっても是非営業は続けてほしいデス。

またいつか、ゆっくり回れるといいな。。


nice!(18)  コメント(0) 

上岡さんのピアノ演奏 [音楽]

もう一つの夢は、既にかなってしまったのですが・・。

大学の合唱団にいた時に、ピアノ伴奏者として演奏会に参加して下さった

学生さんがいました。東京芸大指揮科の上岡敏之さんという方です。

物静かでスッと背筋を伸ばしてピアノの前に座っている華奢な姿と、ダイナミックな

ピアノ演奏とのギャップに、今でいう「萌え~」女子が続出しました。[キスマーク]

その後友人megさんのご自宅で開かれた「おでんを囲む会」に、お兄様の飲み

友達として上岡さんと芸大作曲科のフェビアンレザパネ氏がいらしていました。

その時の、お鍋をつつきながら間近で聞いたお二人のピアノの演奏があまりにも

素晴らしく、参加者一同眩暈がする程感動してしまったのでした・・[ハートたち(複数ハート)]

多才なフェビアンレザパネ氏は、現在作曲家、編曲家、ピアニストとして

 幅広く活躍され時々TVでも拝見しますが、繊細で優しいピアノの音色には
癒されます。この日の「テイク・ファイブ」や「枯葉」のアレンジ、ELPの
超絶技巧「タルカス」の圧巻の演奏は忘れられません!

ピアノ・de・ボッサ

ピアノ・de・ボッサ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: デラ
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: CD
  • 一方の上岡さんはバッハで指慣らしをした後、ショパンの「革命」「英雄ポロネーズ」

  • ピアノソナタ第二番等を立て続けにガンガン弾かれ、オオーッと歓声が上がりました[グッド(上向き矢印)]

のめり込むような集中ぶりと気迫のこもった演奏に私はすっかり惚れこんでしまい、

指揮科でありながら毎日4時間はピアノを弾いているとおっしゃっていた上岡氏の

ピアノを「サントリーホールで聞く」事を勝手に自分の夢の1つにしてしまいました。

が、その頃ご本人は挫折を味わい、どん底の状態で音楽を諦めかけていたそうです[バッド(下向き矢印)]

卒業後どうされたのか情報もないまま時が過ぎ、20年後に「海外で活躍する日本人

指揮者」という新聞記事で上岡さんの名前を見つけた時は本当に驚きました・・[飛行機]

http://globe.asahi.com/breakthrough/100614/01_01.html

ドイツで下積みから経験を重ね、老舗楽団を建直し、音楽大学での指導もされながら、

その後次第に日本でも指揮者として客演が増えていき・・そしてある日、夢の通りに

サントリーホールでピアニストとしてラフマニノフP協3番を弾かれたのでした[exclamation]

アンコール曲は偶然にも前述の指慣らしの曲、JSバッハの平均律クラヴィア曲集

第1巻第1曲プレリュード・・生きてて良かったと本気で思い(^^)音楽を続けた

来られた上岡さんに感謝感激の忘れられない日となりました・・[バー]

9月からは新日本フィルの音楽監督に就かれて個性的な指揮で熱演されています。

ゆっくり時間をかけて、地元の方に愛される新日本フィルならではの音楽を作っていか

れる事と期待していますが、欲を言えばもう一度「英雄ポロネーズ」を聞きたいデス![演劇]

シューマン:交響曲第4番

シューマン:交響曲第4番

  • アーティスト: 上岡敏之,ヴッパータール交響楽団
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: CD


nice!(13)  コメント(4) 

ジュンク堂に住みたい [食事・雑記]

 IMG_20161112_115848.jpg

(上の画像はレーザーカットのクリスマスカードです)

人にはそれぞれ夢があると思いますが・・私の場合、2つありました。

自らの努力で獲得する夢でない所がものぐさな自分らしいのですが。

ひとつは、ジュンク堂書店で暮らすこと。

20年程前大阪に転勤した際に、難波にグランドオープンしたジュンク堂を見て

衝撃を受けました。天井まで埋め尽くす本を顧客自ら梯子に登って手に取れる、

座り読み用の椅子や喫茶コーナーがある、専門書や美術書も揃っている広い店舗・・

東京の丸善、八重洲ブックセンター、紀伊国屋、書泉グランデ等の大型書店でも

立ち読みを始めたら2~3時間は止まらないのですが、住みたいと思ったのは

ジュンク堂だけ。それもできれば1か月ほど貸切りで(^^)というのが夢。

・・と思っていたら、他にもそういう方が大勢いたらしく、数年前から

1泊限りとはいえ「ジュンク堂宿泊ツアー」が始まりました!

最低購入冊数や定員等店舗によって違いがあるようですが、行ったら最低

3冊は買っているので、まあ良しとしましょう。(←エラそー)

丸の内店の競争倍率は900倍だったとか。そんなに熱烈なファンがいるとは・・。

まだ実現していないのですが、その前に閉鎖されないことを祈ります[本]

とはいえ地方在住の現在はもっぱらAmazonと楽天のお世話になっており、

まだ徹夜で読み続ける体力視力があるのかも怪しくなってきましたが。。

ちなみにジュンク堂の名前の由来は、創業者のお父様のお名前「工藤淳」

から採ったものとウィキペディアにありました。面白いですネ。

書店員が本当に売りたかった本

書店員が本当に売りたかった本

  • 作者: ジュンク堂書店新宿店
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2012/07/11
  • メディア: 単行本


nice!(11)  コメント(4) 

遠くへ行きたい [風景・写真]

IMG_20161116_121219.jpgIMG_20161116_105030.jpg

かつて「遠くへ行きたい」という曲が流行った時、家出する人が増えたとか。

まだ見ぬ世界への憧れと現実逃避。「旅に出る」っていい響きですね。[いい気分(温泉)]

「青い鳥」みたいに大切なものは意外と身近な所にあったりするのですが。。

それでもやっぱり、たまには遠くへ行きたいな。。

IMG_20161116_111411.jpgIMG_20161116_103140.jpg


nice!(6)  コメント(2) 

晴れた日には [風景・写真]

IMG_20161116_115546.jpg

晴れた日には、見慣れた風景が格別に美しく見えますね。

車を運転していても「きれいだなあ」と見とれてしまったりして(キケン)

ちょっとした光の具合で随分印象が変わるものなのですね。

心の持ちようで、そんな風に周りの見え方も変わるのでしょうか。。

厚い雲に覆われていたら何を見てもどんよりして、物事の良い面が

見えなくなっているのかも。執着や嫉妬や不安等の厚い雲。。

美しいものや善いものを素直に良いと思えるような「フラットな

状態」をできるだけ保てるようにしたいと思います。。

IMG_20161116_115947.jpg

車体の滑らかな曲線とブルーの色、背景の樹木と空がきれいに

見えて、つい撮ってしまった公民館の駐車場でした(^^;)


nice!(7)  コメント(0) 

山形の紅葉など [風景・写真]

IMG_20161112_100530.jpg

せっかくの紅葉シーズンですが、仕事で遠出できず。。

スーパームーン翌日の朧月夜の画像も何故か削除してしまい。

母が先週末に山形に行った時の画像を借りました。

うっすら向こうに見えるのが蔵王だそうで。。

IMG_20161112_151711.jpg

地元の人には有名な紅葉公園という所。

小さいながらも心字池があり、文字通り紅葉が鮮やかで

とてもきれいですね。いいなあ。

IMG_20161112_151938.jpg

 何だか疲れてテンション低めですが、仕方ないので

家のガーデンシクラメンを眺めて職場へGOです[犬]

IMG_20161113_163129.jpg


nice!(5)  コメント(0) 

「10年後のあなたへ」 [食事・雑記]

 IMG_20161113_145444.jpgIMG_20161113_145636.jpg

NHK「10年後のあなたへ」というドキュメンタリー番組を見ました。

時事問題は扱わないつもりでしたが、とても考えさせられたので。。

東日本大震災の原発事故で全員避難した飯館村で、事故前に村の企画で

10年後の自分や「大切な人」に宛てて投函した手紙が今、仮設住宅や

転居先に配達されているそうです。(切手の値上げ分は役所が補填。)

200通程役所に戻って来てしまったのは、所在不明か亡くなられたのか・・。

誰ひとりこんな未来は想像していなかっただろうと思うと悲しくて辛くて

たまらないですが、10年前の自分や家族からの手紙を読んで「初心に戻った」

「また1から出直そう」と前向きになられる方が多かったのが印象的でした。

亡くなられたご主人から手紙で初めて感謝の言葉をもらったという女性、

結婚直後に被災し、避難先で村民の方と助け合い打ち解けられたという方、

当時は子供だったが、もう成人して村のこれからを何とかしたいと思う若者・・。

一人ひとりの顔が見えてくると、「被災者」とひと括りにする事に違和感を

覚えると共に、ささやかで平和な生活を一瞬で奪ってしまった事故の罪深さを

改めて痛感しました。現在新たに10年後の自分に宛てる手紙を募集している

のだそうです。10年後どうなっているのか現状では先が見えませんが、

飯館の皆さんが今よりずっと幸せに近づいていてほしいと思います。。

そうなるにはどうしたらいいのか、自分もどういう気持ちで10年後を

迎えたいのかを考えて、できることをしていきたいと思います。。

(画像は飯館村とは関係ない近所の公園のものです)


nice!(5)  コメント(0) 

アパルトマン301 その2 [食事・雑記]

(前回からの続きです) 

コジャレたダイニングなんていっても法外な銀座価格でしょ、

と思いがちですが・・アパルトマン301のランチセット(平日)は、

メインのお料理にサラダ、スープ、ドリンク、プチデザート付で

税込1000円という、意外にリーズナブルな設定なのです。

そして、料理も結構ボリューミーで美味なのでした[レストラン]

写真は「牛すじ肉のデミグラスソースオムライス」。卵ふわふわ[ハートたち(複数ハート)]

IMG_20161109_160836.jpg

ハンバーグもとてもおいしいという噂です。座席数が少ない為

昼食時や週末は満席のことも多いそうです。。

ソファーが擦り切れてたりしますが、それも味わいというか。。

IMG_20161109_154621.jpg

追加で頼んだ「ラム酒が香るマロンティラミス」(だっけ?笑)

650円ですがビッグサイズなので2人で分けても良いかも。

棚に飾ってある本も素敵!

 IMG_20161109_163031.jpg

子供が小さい時に読み聞かせをしていた「3びきやぎの

がらがらどん」も置いてありました(^^)。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)

 一人で窓際に座って時間を過ごすのもいい感じです。

充実した時間が過ごせてお腹も心も満たされました。

撮影&長居させてもらい、有難うございました[かわいい]


アパルトマン301 その1 [食事・雑記]

銀座青木画廊の斜め向かいに"パリの片田舎の隠れ家風”ダイニング、

「アパルトマン301」というお店があります。

http://www.atticroom.jp/301/

IMG_20161109_162638.jpg

お店の方に許可を頂いて、開店直前の内装を撮らせてもらいました[るんるん]

3階の廊下をはさんで左側が喫煙席の302号室。

IMG_20161109_161415.jpgIMG_20161109_162140.jpg

廊下の右側が禁煙席の301号室です。

IMG_20161109_162511.jpgIMG_20161109_160428.jpg

IMG_20161109_164236.jpg

建物の古びた感じを生かし、屋根裏部屋のように落ち着く空間になっています。

ソファーのデザインや向きが工夫されているせいか、個室感覚で居心地が良く、

文字通り素敵な隠れ家的ダイニングでした![家]

(メニューなどは次回に続く)


青木画廊「妄想キャバレー」 [アート]

前述の桑原弘明さんのスコープの展示があるとの情報をmegさん

から頂き、一緒に銀座の青木画廊という所にお邪魔しました。

ブルガリやシャネルが並ぶ大通りから一つ奥の路地を入ると

開発から取り残されたような昭和な風景がありました。

IMG_20161109_161655.jpg

開廊55周年記念「眼展 PART1」として、刺激的な?

「妄想キャバレー」という共通テーマで12人の作家さんが

それぞれ2~3点ずつ出品されています。

すぐ近くに「白いばら」という1931年創業の老舗キャバレーがあり、

そちらをモチーフにしたと思われる作品もありました。

行ったことないけど、何だか楽しそう。。

哀愁漂う中年男性の後ろ姿が印象的な石塚公昭さんの人形や

大御所四谷シモン先生の「機械仕掛けの少女2」、細密且つ幻想的な

山本じんさんや建石修志さん、megさんお気に入りの小泉孝司さんの

皮をむいたガラスの林檎の絵画など、多様な作品が並んでいました。



(小泉氏のHP 
http://www.asahi-net.or.jp/~dt6t-kizm/  )



そして今回見ることができた桑原氏のスコープは、「神への手紙S」

と「霧と夜の国」(2013年)の2作品。スイッチを押してライトを照らす

ものと、自分でマグライトを当てるもの、どちらも扉の向こうの極小世界の

美しさに相変わらずため息が出ます。。廃墟、最高。。[ハートたち(複数ハート)]

DSC_0215.jpg

この掌サイズの真鍮の箱の中に夢の様な世界が広がっています!

共通テーマとの関連はチラリズムの美学という所かしら?(笑)

桑原氏は12月10日~24日「ギャラリー椿」で個展の予定があるようなので、

寒さに負けず見に行こう!http://www.gallery-tsubaki.net/exhibit.html


モダニズム建築取壊し問題 [アート]

11月8日の「クローズアップ現代+」で、日本のモダニズム建築

(主に高度成長期に村野東吾、丹下健三、黒川紀章らが各地に建てた

斬新な工法やデザインの建築)が、経年劣化と修復困難、財政難により、

あちこちで取壊しの危機にあることを伝えていました。

その一方で、コルビジェの国立西洋美術館等が世界遺産に登録されたり、

日本のモダニズム建築がドラマや映画の背景に使われたりして、海外では

今、逆に注目が集まっているとか。外国人観光客の見学ツアーもあって、

取壊しを惜しむ声が上がっているのだそうです。

番組で取り上げられたりちらっと映像が映ったホテルオークラや中銀タワー、

国立代々木競技場、東京カテドラル聖マリア大聖堂等々、初めて見た時とても

圧倒されワクワクしたものでした。(ど素人ですが、見学好きです。)

が、宿泊したり住むとなると集客が望めなければ経営は成り立たず、

(都庁はともかく)地方の市役所や体育館などは、自治体が費用を捻出

できないですよね。使われなくなった素材や工法だと再現できないとか

建築家の「作品」となるとみだりに改変できなさそうだし、現在は何より

災害に強くないと危険だし。。残してほしいけれど胸が痛みます。

今流行りの「レガシー」として、バルセロナのサグラダファミリア大聖堂

みたいに(ここは修復じゃなくてまだ建設中ですが)世界中から寄付を

集めてでも残したいと思われるものだけが残っていくのかな。。

三菱一号館のように一部だけ残すのも難しい建物が多そうだしなあ。

「明治村」ならぬ「昭和村」を作って移転保存とか・・ってどこに?

首都圏のモダニズム建築から東京スカイツリーまで、優れたデザインの

建築物が「構造デザインマップ東京」という本に網羅されています。

隅田川に掛かる橋、シェル構造、搭とタワー等のコラムも面白く、

カラー写真が豊富な読み物として楽しめるので気に入っています。

何年かすると本の中にしかない幻の建築も出てくるかもしれないですね[もうやだ~(悲しい顔)]

「建築家のノーベル賞」プリツカー賞受賞の伊藤豊雄氏推薦。

構造デザインマップ 東京

構造デザインマップ 東京

  • 作者: 久保 純子
  • 出版社/メーカー: 総合資格
  • 発売日: 2014/06/19
  • メディア: 単行本
IMG_20161109_185706.jpg

(「構造デザインマップ東京」より。ここは取壊し予定は

ないと思いますが・・)


新目黒茶屋 [食事・雑記]

DSC_0177.jpgDSC_0172.jpg

庭園美術館の少し手前の交差点に「新目黒茶屋」という雰囲気の良いお店が

あります。  http://r.gnavi.co.jp/b979901/  

壁や天井に貼られているカラフルな布は、京都の西陣織が使われているそうです。

店員さんのエプロンや襟にも和風の布があしらわれコーディネートされていますが、

そちらはお友達が端切れで手作りしてくれたものだそうです[手(チョキ)]

お店自体「小さな美術館」と呼ばれたり、撮影に使われることもあるとか。

更に目黒駅に向かう途中に「DEAR BEAR」というお店もありました。

テディベアの着物や洋服がサイズ別に揃っていたり、くま以外のぬいぐるみや

人形もぎっしり並んでいて、眺めるだけでも楽しくてカワイイお店でした。[ぴかぴか(新しい)]

http://canal-bear.com/shop_meguro.html

DSC_0180.jpgDSC_0131.jpg


旧朝香邸の室内空間 [アート]

IMG_20161102_164529.jpgIMG_20161102_164722.jpgIMG_20161102_164127.jpgDSC_0157.jpgDSC_0159.jpgDSC_0147.jpgDSC_0150.jpgDSC_0151.jpgDSC_0158.jpgIMG_20161102_164900.jpgDSC_0160.jpg

アールデコの窓と照明シリーズ。 

改めてみると細かい意匠は撮っていない事に気づきました(^^;)

正門付近の売店で傘を買うために立ち寄ったら、家に貼っていたことが

あるカッサンドルのポスターがあって、ちょっと懐かしかったです[小雨]

で、外に出たらもう雨は上がっていました。[グッド(上向き矢印)]

カッサンドル ノルマンディー アートポスター

カッサンドル ノルマンディー アートポスター

  • 出版社/メーカー: A.M.カッサンドル
  • メディア:



庭園美術館のボルタンスキー展 [アート]

DSC_0135.jpgDSC_0169.jpgIMG_20161102_133403.jpgDSC_0138.jpg

目黒の東京都庭園美術館に、リニューアルしてから初めて行きました。

12月25日まで「アール・デコの花弁~旧朝香邸の室内空間」展開催中。

館内の素材を解説したパンフレット付、平日は館内撮影もOKという洋館

マニアには嬉しい企画!雨が降らないうちにまずは外側から撮ろうかと・・

真ん中の写真は新館です。

DSC_0141.jpgDSC_0168.jpg

「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタスーさざめく亡霊たち」展も同時開催中です。DSC_0132.jpg

チリのアタカマ砂漠と豊島のささやきの森に、小さな歌う魂となって風に揺れる

無数の風鈴の映像。少し離れたところにあるベンチに座ってその映像を眺め、

風鈴の音に耳を澄まし、室内に敷き詰められた藁の香りに包まれる。

不思議に心地よい空間でゆっくりと過ぎゆく時間を堪能しました。[いす]

IMG_20161102_133928.jpgDSC_0166.jpg

暗室に亡霊の影が揺れる「影の劇場」、バクバクと点滅する「心臓音」、薄い布に

ヒラヒラ視線が翻る「眼差し」というインスタレーションも心に響くものがあります。

ポスターにもなる大判の解説を持ち帰れるので、これからゆっくり読もうと思います[ハートたち(複数ハート)]


「ロスト・ヒューマン」と恵比寿ガーデンプレイス [アート]

DSC_0203.jpgDSC_0186.jpg

東京都写真美術館で開催中の「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展を見に、

久しぶりに恵比寿ガーデンプレイスへ行きました。

「異邦人」の冒頭から喚起されて繰り返されるフレーズ「今日世界は死んだ 

もしかすると昨日かもしれない」から始まる遺書のようなメモを、理想主義者、

建築家、生物学者など33人がそれぞれの立場から記したという設定で、杉本氏が

文明の終焉を執筆。それを指名された浅田彰、磯崎新、福岡伸一氏等各界の

著名人らが肉筆で「代筆」し、象徴する物品と共に陳列するインスタレーション。

面白いもので、いかにも「その筋の人」と合点がいく筆跡が多かった気がします。

作品解説リストにロスト・ヒューマンの全文が載っていて読み返すこともできます。

「廃墟劇場」は、アメリカ各地の廃墟と化した映画館を、杉本氏自らが張り直した

スクリーンに光の層を長時間露光で撮影した初公開作品。荒れ果てた劇場の写真には

「羅生門」「博士の異常な愛情」等狂気を孕んだ映画のあらすじが添えられています。

どう転んでも人類は滅亡へ向かうと畳みかけられ、洗脳された感じがします。。

外に出ると、バカラの巨大なシャンデリアがきらめいています。

DSC_0200.jpgDSC_0201.jpg

相変わらずバブリーな恵比寿ガーデンプレイスの光景に軽く眩暈が・・。

クリスマス仕様になる直前だったので空いていましたが、一生懸命作業を

していた方が写り込んでいました。メンテナンス、大変なんだろうなあ。。

「恵比寿スカイウォーク」に乗って歩いていたら、その右をもっと速いスピードで

歩く人がいて、いつのまにかゆっくり歩きと速歩きの2コース制になっていました。

さすがに都会の人は歩くのが速いですね。。[目]

DSC_0202.jpg


クランベリージュースとたまごパン [食事・雑記]

DSCN2740.JPG

最近気に入っているものがこれ。

 IMG_20161027_004743.jpg IMG_20161027_004057.jpg

抗酸化作用のあるクランベリー20%入「クランベリージュース」と

安曇野のティンカーベルという所の”卵の黄金比”「たまごパン」。

クランベリーは今まで買っていたポッカサッポロのものが何故か販売

中止となり、デルモンテ製を愛飲中(販売元はキッコーマン?)。

アンチエイジングと膀胱炎予防の効果もあるようです(個人的見解)。

そのままでも飲めますがやや酸味が強いので、炭酸割りやカクテル、

ゼリーにしても良いとか。透き通った夕やけのような色が綺麗です。

 個人的には豆乳割でクランベリーヨーグルトドリンクみたいにすると

更にヘルシー&おいしい気がするのでお勧めです。

たまごパンは「ハムを巻いて野菜と一緒に」「アイスクリームをトッピング」

という食べ方もあるそうですが、冷蔵庫で冷やして、ほんのり甘くもっちり

モチモチした感じをプレーンで、コーヒーと共に頂くと止まりません・・。

が、16個も入っているので食べ過ぎ、カロリー注意なのでした!

たまにドラッグストアで半額SALEになっている時が狙い目です[るんるん]

セブンイレブンの「しっとり食感の厚切りバウム」も美味。ちょっと

大げさですが優しさに包まれたような気分になります(笑)

デルモンテ クランベリードリンク 750ml

デルモンテ クランベリードリンク 750ml

  • 出版社/メーカー: デルモンテ
  • メディア: その他



べっぴんな清川あさみさん [アート]

DSCN2034.JPG

最近よく目にするお名前、清川あさみさん。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」のオープニング映像を担当されています。

ドラマのヒロインは神戸の山の手育ち。早くに亡くなった母から教わった手芸や

刺繍が大好きで内気な女の子だったが、戦争で家も財産も失い、戦地から戻らない

夫を待ちながら子供と生きていくために思いを込めた子供服を作り始める・・

というお話なので、布や糸を使った清川さんのアートはテーマにぴったり[ハートたち(複数ハート)]

女の子の夢や希望が一杯詰まってキラキラしている感じが毎日見られて幸せです。

東京デザインウィーク連動番組で茂木健一郎さんと番組進行もされている清川さんは

すごい美人!そして再婚された彫刻家名和晃平さんも先日の六本木アートナイトの

メインプログラムアーティストとして夢のある作品を創っていらっしゃいますね。

東京五輪でもお二人は何らかの形で参加されるのではないでしょうか。楽しみです。

ドラマの「べっぴん」は美人のことではなくて「思いを込めて作った特別な物」のこと。

そういうものを作る人や作品を大切にする国であってほしいし、応援したいと思います。

主役の芳根京子さんも清楚でおっとりしているようで、なかなか芯は強そう・・

主人公の設定に合っていて好感が持てるし、かわいい~!活躍を期待しています。

(上の画像は何となく刺繍っぽっく見えたあしかがフラワーパークの藤。

季節はずれでスミマセン)

美女採集

美女採集

  • 作者: 清川 あさみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/04/27
  • メディア: 単行本

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

  • 作者: 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: リトル・モア
  • 発売日: 2009/11/26
  • メディア: ハードカバー