So-net無料ブログ作成

おおかみこどもとマイノリティ [映画]

 IMG_20161030_154111.jpgIMG_20161030_153944.jpg

細田守監督・原作という映画「おおかみこどもの雨と雪」を借りて見ました。

おおかみ男と恋に落ち、子供ができた花が地方の移住先のご近所さんに助け

られながら子供を育て、自立を見守っていくファンダジーであります。

非現実的というご意見もあり、邪道だとは思いますが、障害のある子どもや

社会的マイノリティの子育てとして深読みするとかなり共感できました。

自分には重度の知的障害を伴う自閉症の子供がいます。

もう成人しましたが、言葉は話せずジェスチャーで意思を伝えます。

幼児期は多動で本棚に登って棚ごと倒す、うたた寝したすきにブルーレットを

部屋中にまき散らす、夜も眠らず泣き続ける、追いかけてへとへとになる毎日は

まさに雨と雪状態。比較的おおらかだった地方のK市では近所の方も気軽に手を

貸してくれたり遊んでくれたりして楽しかったのですが、お受験する子が多い

都内の社宅に移ってからは、周囲に気を遣って謝り続ける毎日でした。

都会の人が冷たいというより、人が密集しているから大きな音や声が迷惑になり、

自分の縄張りに他人が侵入しがちなのでストレスを感じ易く、常に否応なく

入ってくる刺激で神経が過敏になってしまうのかもしれません。伸び伸び振る舞うと

傍若無人という事になってしまうので、便利だけど子育てはし辛いと感じていました。

自閉症は見た目は普通なだけに、奇声を発したりこだわりが頻発すると奇異な目で

見られたり躾云々で怒られることも多いのですが、本人にとっては嬉しさの表現

だったり、その場に居辛いというSOSのサインだったりします。

わかってもらえない、自己責任と批判されると思うと助けを求めることもできず、

一人で本(今ならネット)で調べる所も、なるべく普通に、目立たぬようにと

言い聞かせるけれど、子供にはそれができずにハラハラする所も一緒でした。。

子供の場合は幸い診断が早く1歳から療育施設に親子で通えたので、想いを分かち

合える仲間ができ家族も協力してくれたので何とかやってこられたのですが。。

花にも狼ハーフのママ友や理解のある家族がいたらどんなに心強かったでしょうか。

普通ではないからと言って親の愛情が変わるわけではなく、むしろ手がかかる

からこその可愛いさもあり、癒されたり幸せを感じることも多々ありました。

母子でいる時間が長く閉鎖的で密だった頃は毎日を遣り過すだけで精一杯だった

のに、今では懐かしく思うこともあります。(まだ一緒に暮らしていますが。)

障害があっても自分にはない良さ・・何があっても慌てない、観察が鋭く手先が

器用で手間を惜しまず何事も再現するのが上手い、余計なことを言わず(^^;)

笑顔で人を和ませることができる・・等いろいろあります。

映画では秘密を隠して怯えながら生きていくのではなく、他の人と違うことを知っても

そのまま受け入れてくれる友(彼?)と出会う雪、尊敬できる師と出会い、自分にしか

できない困難な道を歩むことを選んだ雨。親としては苦労が少なそうな安全な道を押し付け

がちですが、二人が他者との出会いの中で自分の道を選び取り、それぞれの社会の中で

生きていくためのルールや振る舞い方を学んでいき、徐々に親離れしていく過程は

見ていて切なくもあり、感動的でもありました。

家族以外の人と関ることで自分自身を知り、多くの事を学び、その存在を知ってもらう

ということは障害の有無、軽重に関わらず生きていく上で大事な事だと思います。

最近怖ろしい事件も多く、いろいろな意味でマイノリティが生き辛さを感じる世の中に

なりつつあるようで危惧しています。明るい未来を思い描くのはとても難しい事ですが、

せめて他者との違いに寛容な社会であってほしいと願わずにはいられません。。

考えてみれば花に限らず、恋愛も結婚も子育ても、人生は異文化と出会い、憧れ、

反発したり動揺しながら受け入れていく事の連続なのではないでしょうか。

散歩中に見かけた蜜柑と柿の実、どちらも良いと思いたい。。

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



ラッセ・ハルストレム監督 [映画]

IMG_20161001_123822.jpg

(上は「最初の質問」という絵本。イラスト:いせひでこさん)

スウェーデンのラッセ・ハルストレム監督の映画、いいなあと思います。

最初に見たのはギルバート・グレイプ。

今を時めくジョニー・デップがレオナルド・ディカプリオ演じる障害を持つ弟の

世話をし、家族を懸命に支えていて魅力的でした。障害を持つ子供がいる家庭では

ドタバタのとんでもない日常がかなりリアルに描かれている為人気のある作品です。

自分の子供もそうなのですが、ディカプリオの自閉症と思われる少年が上手い。

この方の作品は、家庭としての機能を失って壊れてしまっている家族と、そこから

離れて他者との関係を築く中で救われていく話が多く、社会的弱者へのまなざしが

優しいなあと思います。監督自身、そういう経験がおありなのでしょうか・・?

「サイダーハウスルール」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「シッピング・ニュース」

「ショコラ」「セイフ・ヘイブン」。。悲惨な事も日常生活の一部として淡々と語られて

最後はほんわかと温かいハッピーエンドのようになっていく所も好きです。

ちょっと話はずれますが、NHKスペシャル「健康長寿」によると、自分が充足する為の

やけ食いや爆買いで得られる満足感より、他者との関係の中で相手を喜ばせたいと思って

する活動や、創作活動等自己表現による満足感が健康寿命を長くする効果があるとか。

人のために尽くす優しい人が早くにご病気や事故で亡くなられることも多々ありますが。。

人間は社会的生き物で、支え合って生きていくように遺伝子が組み込まれているのでは

ないかと。そう思える人が増えればいい社会になりそうなきがします。

80歳を超えた頃から、体の衰えは加速しても人生に対する満足度、幸福度は上がる

傾向にあるという調査結果もあるとか。長生きしたくないという意見もありますが、

実際に年を重ねてみてみないとわからないことがまだまだありそうです。

それにしても、この監督のお名前をなかなかフルネームで言えません。

ハレスト・・ハルストリ・・あ、違う・・略称があったら教えてほしいです。

「ラッセさん」じゃ、お祭りの掛け声みたい・・(笑)

ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2012/07/19
  • メディア: DVD



プレミアムゼットンチェアー [食事・雑記]

IMG_20161029_142156.jpg

別にそれほど詳しくないしウルトラマニアでもないのですが、

また妙なものを見つけてしまったので。。

国産家具メーカーカリモクと、ウルトラシリーズのコラボ企画として

イタリア製の本革で丁寧に作られたゼットンチェアー、お値段なんと50万!

ウルトラシリーズ放送開始50周年に掛けた記念価格でしょうか?

ゼットンは最終回でウルトラマンを倒した最初の怪獣といわれています。

ヒーローでも勝てない相手がいたというのは子供心に強烈な印象を残しました。

このチェアーはひと目でゼットンとわかるデザインで、ちょっとSFっぽさもあり。

日本人の体形に合わせてあるということで座り心地も良さそうですね!

カリモクといえば正統派クラシックなイメージがありましたが、こんな遊び心のある

チャレンジもされているとは驚きでした。

それにしても、ゼットンに包まれて眠りたい人って・・(笑)

http://aman-u.jp/products/detail.php?product_id=290

あ、マズイ・・突然、江戸川乱歩の「人間椅子」という怖い話を思い出してしまった。。

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)

  • 作者: 江戸川 乱歩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1960/12/27
  • メディア: 文庫

    ポラロイド写真 [アート]

    最近若者の間でちょっとピンボケ気味のポラロイド写真を撮るのが

    流行っているとかいないとか・・。

    ポラロイドでいい写真を撮るにはかなりのセンスがないと難しいだろうなあ

    と思っていたら、アンドレイ・タルコフスキーがポラロイドで撮った写真集

    というものがあると前述の桑原氏のツイッターで知りました。

    Instant Light: Tarkovsky Polaroids

    Instant Light: Tarkovsky Polaroids

    • 作者:
    • 出版社/メーカー: Thames & Hudson
    • 発売日: 2006/03
    • メディア: ペーパーバック
    タルコフスキーの映画のモチーフになった風景や飼い犬の写真もあり、
    どれをとってもやっぱりタルコフスキーなのでした。はあ~(溜息)
    撮る人が撮ればポラロイドでもアートになるものなんですね・・。
    IMG_20161029_135743.jpg


    飛び降りる! [食事・雑記]

     IMG_20161027_131821.jpg

    職場の窓から移した空。今日はいい天気[晴れ]

    この所ちっともアートでも癒しでもない雑記となっていますが、

    眺める以外にもう一つ、好きだったことを思いだしたので。。

    それは・・「飛び降りること」! 

    「清水の舞台から飛び降りる」という言葉を聞くと本来の意味とは無関係に

    とてもワクワクしてしまいます。あそこから飛び降りたらどんなだろうと・・。

    子供の頃やたらと高い所に登っては飛び降りていました。

    滑り台を斜面の方から上って一番高い側面から地面へ飛び降りる。

    ブランコを思い切り漕いで目の前にある鉄柵を飛び越える。

    鉄棒の上に乗り「グライダー」という技でできるだけ遠くへ飛ぶ。

    自転車置き場の屋根や木の枝に登っては飛び降りる。。

    塀の上を全速力で走ってつなぎ目から飛び降りるのも好きでした(笑)

    何故あんなに飛び降りるのが好きだったのか自分でもわかりませんが、

    放物線を思い描いて飛び、その通りに着地できると最高に嬉しかった。

    真似して飛んだ人がたまに怪我をすることがあったらしく、危険行為

    としてPTAで問題になっていたと知ったのはつい最近です(^^;)

    それが高じて社会人になってからパラグライダーをしに山へ行きました。

    が、下山したら巨大なパラシュートをひとりで回収し、畳んで背負って

    山を登るのが面倒だったのと、一歩間違うと木に引っかかったりするので

    そちらは2回でやめました(笑)。

    今でもビルの屋上など高い所に登ると飛び降りてみたい誘惑にかられます。

    最近は自分で飛ばなくてもドローンの映像で飛んだ気分になれそうですね。

    バンジージャンプは今となっては自分の体重を支え切れずにヒモが足首に

    食い込んで骨折しそうな気もしますが(笑)・・でもやっぱり機会があったら

    いつかやってみたい、バンジーとスカイダイビングでした!![飛行機]


    空の名前

    空の名前

    • 作者: 高橋 健司
    • 出版社/メーカー: 角川書店
    • 発売日: 1999/12/10
    • メディア: 単行本

    宙の名前 新訂版

    宙の名前 新訂版

    • 作者: 林 完次
    • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
    • 発売日: 2010/07/01
    • メディア: 単行本


    乙男と聖おにいさん [本・漫画など]

    最近中古を大人買いした漫画、「乙男~オトメン」と「聖おにいさん」。

    病院・歯医者で読んで続きがどうしても読みたくなってしまったのでした。

    オトメンは、数年前のドラマで岡田将生君と夏帆ちゃんがいい味出してて

    柴咲コウのエンディングテーマもカッコよかったのに打切りになってしまい、

    肝心の大団円の結末まで行かなかったのが残念。。漫画自体はジェンダーに

    ついて切り込んだ名作です。途中枝葉を広げすぎて中だるみ気味ですが、中々

    進展しない乙女な男子と男気あふれる女子のカップル、かなり好きでした!

    いい子たちなんだな~これが。自分らしさとは何か考えさせられます。

    オトメン(乙男) 全18巻完結セット (花とゆめCOMICS)

    オトメン(乙男) 全18巻完結セット (花とゆめCOMICS)

    • 作者: 菅野文
    • 出版社/メーカー: 白泉社
    • 発売日: 2013/01/18
    • メディア: コミック
    そして、「聖おにいさん」。イエスとブッダが師として弟子に慕われ
    人としても魅力的だったのだろうなあと納得できるほんわかコメディ。
    イエス&ブッダ・リスペクトの自分にはかなり嬉しい企画です。
    知らない人には豆知識が得られて勉強にもなるし(?)もともと知って
    いる人には逸話のあるあるネタで更に笑えます。

    聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)

    聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)

    • 作者: 中村 光
    • 出版社/メーカー: 講談社
    • 発売日: 2016/10/21
    • メディア: コミック
    それにしても、いい年してまだ漫画読んでるとはねえ・・って
    多分おばあちゃんになってもまだ読んでいるだろうなあ。。[眼鏡]

    YOUTUBEで最近やっと見たアニメ「鷹の爪団(初期の頃の)」と
    「おそ松さん」、いつもながら流行から大幅に遅れていますが(笑)
    超受けました~!続編を望む[手(チョキ)]



    漫画「ごめんなさい」 [本・漫画など]

    IMG_20161022_151127.jpgIMG_20161022_151238.jpg

    福祉について考えるきっかけになったのは「ごめんなさい」という漫画でした。

    きれいな女の子が膝を抱えて「ごめんなさい」と泣いている絵から話ははじまります。

    何不自由なく育ったお嬢様A(名前忘れた)。美人で明るく親切で頭も良い人気者。

    転校生Bは地味で寡黙でいつも同じ服を着ていて皆と馴染もうとしない。

    AはBと仲良くなろうと世話を焼き、家に招いてご馳走し自分のドレスを着せる。

    Bは恥ずかしそうにしつつも笑顔を見せていたので喜んでくれていると思っていた。

    が、市の福祉課の人が「Bの家族から余計なことをしないでくれと言われている」と

    Bにあげた洋服を返しに来る。Aは良い事をしてあげたのに・・とショックを受ける。

    その後絵画コンクールで、入賞の常連だったAの華やかな絵画を抑えてBの暗い絵が

    大賞に選ばれる。夕日の中、大八車を押す家族を影の様に描いた見る者の胸を打つ絵。

    今まで何でも一番だったAは悔しくて、誰もいない時にBの絵を切り裂いてしまう。

    さすがにとんでもない事をしたとBの家に謝りに行くと立ち入り禁止になっている。

    経済的に困窮していたBの家族が一家心中したというのだ。。

    確かそんな感じの話で強く印象に残っていました。当時小学校低学年だったので

    福祉の意味も知らず、ではどうすれば良かったのだろうと考えてしまいました。

    人の誇りを傷つけたり、生甲斐を奪う事や、善意の押し付けの残酷さが後から

    じわじわとわかってきましたが、どなたの作品だったのでしょうか・・。

    当時少女漫画にもそういう社会派もあり、別な漫画で原作がレイブラッドベリ

    だったと最近知った幻想的な問題作もありました。侮りがたし。。


    シュールなカネゴン [食事・雑記]

    シュール好きの原点はウルトラQという番組かも。。と先日ふと

    考えていたら、偶然テレビ埼玉で「カネゴン」を見かけたのでした!

    4月19日火曜21時からウルトラQを再放送中なんだそうです。

    云わずと知れた円谷プロの特撮、ウルトラシリーズの第一弾。

    ヒーローが怪獣を撃退する勧善懲悪や格闘技中心の展開は子供心に

    それでいいのか、怪獣だって好きで来たわけじゃないだろう等と

    納得できないひねくれものだったせいか、結末がモヤモヤ考えさせ

    られるQやセブンが印象に残ったというかトラウマになったというか。

    オープニングの映像とテーマ曲の混沌としたドロドロの感じからして

    何かコワイ。今見ると安っぽい作りですが、飲み物でマーブル模様を

    作っては「ウルトラQ」とつぶやいていたものでした。

    カネゴンはコメディタッチですが、カネゴンに変身してしまった男の子の

    周りの友達がすごかった。どうしたらお金が主食のカネゴンが生きていけるか

    公園で円陣を組んで話し合い、玉乗りの練習をさせて稼がせようとしたり、

    あっけらかんと状況に適応している・・たくましい子供達(笑)。

    やっと人間に戻れて家に帰ったら今度は両親がカネゴンになっていたという

    衝撃のラストも忘れられません。。

    TV草創期の、番組を作る方達の挑戦と情熱が眩しく感じる今日この頃。

    アマゾンで妙な物を発見。これも「アートと癒し」になりますか?(笑)
    カネゴン (くもんのペーパークラフト―ウルトラシリーズ)

    カネゴン (くもんのペーパークラフト―ウルトラシリーズ)

    • 作者: 円谷プロ=
    • 出版社/メーカー: くもん出版
    • 発売日: 1998/07
    • メディア: 大型本

    僕らを育てたウルトラQの時代

    僕らを育てたウルトラQの時代

    • 作者: 梶田 興治
    • 出版社/メーカー: 密林社
    • 発売日: 2010/08/15
    • メディア: ムック


    キイツ(其一)とダリ  [アート]

    仕事と家庭の事情により月1位しかでかけませんが、どこに行こうか迷うのも楽しみです。

    結局は複数回れる所に行きがちな欲張り者・・という事でミッドタウン内にあるサントリー

    美術館の「鈴木其一~江戸琳派の旗手」展へ。キイツと読むと英国人みたい?

    琳派を江戸で再興した酒井抱一の愛弟子で「琳派の華麗な伝統を継承しながらも

    鮮やかな色彩対比やゆたかなデザイン性など現在にも通じる斬新さにあふれており、

    近年とくに注目を集めている」(パンフより)との事。

    朝顔図屏風などはまさにそんな感じで見事でした!他にも「藤花図」「風神雷神図屏風」

    「十二ヶ月図扇」が気に入りました。売店のおみやげ(お豆です)もかわいらしい。。

    DSC_0100.jpgDSC_0101.jpg

    次に新国立美術館の「ダリ展」。何故かモノクロ画像で上書きされてしまった(笑)

    IMG_20161019_163224.jpgDSC_0128.jpg

    10年ぶりの回顧展とのこと。油彩や宝飾品は以前の方が充実していたように思いますが

    今回はオブジェ、書籍、映像、ドローイングなど多様さが売りのようですネ。

    こんな所で再び「アンダルシアの犬」を見ようとは・・あまりのグロさに席を立つ人

    もチラホラ・・(笑)。それとは打って変わって初見の「デスティーノ」の美しさ!

    ディズニーカンパニーとダリの幻のコラボ、6分の短編アニメーション作品です。

    ダリの不思議なイメージ世界が違和感なく次々と繋がり動画となって展開されて

    いきます。シュールレアリスムに抵抗ある方でもその良さが実感できるのでは。

    2003年のアカデミー賞アニメ部門受賞作品なのですね!知らなかった・・。

    「謎めいた要素のある風景」「子ども、女への壮大な記念碑」もやっぱりいいな[ハートたち(複数ハート)]

    時間と空間を自由に再構築して、浮遊させたまま時を止める魔術を見ているよう。。


    ミッドタウン [風景・写真]

    DSC_0095.jpgDSC_0097.jpg

    やっと時間がとれて、また来てしまった六本木のミッドタウン。

    吹抜けとガラス張りの空間が気持ちがいい。。けど、雨が降り出しそう。

    芝生の庭に子供たちが遊べる迷路のようなカーテンのオブジェがはためいていました。

    21日~23日には「六本木アートナイト」という体感型の催しがあるそうです。

    六本木界隈で様々な現代アートやライトアップが楽しめたり、野田秀樹やスカパラが

    何かやってくれるようです[手(チョキ)](←相変わらずいい加減な情報)もう7年目とか。。

    ミッドタウン内のなんかいい感じのインテリアのお店に勝手に潜入・・

    DSC_0107.jpgDSC_0111.jpg

    更に眺めのいいテラスと入口付近にひっそりと飾られていたのクラブアップルの盆栽。

    IMG_20161019_171030.jpgDSC_0096.jpg

    丁寧に作られた輸入玩具を揃えているNIKITIKIさんも入っています。http://www.nikitiki.co.jp/top/index.html

    DSC_0105.jpgIMG_20161023_163536.jpg

    オシャレな空間から急に庶民的映像に切り替わって違和感ありありですが(^^;)

    右は30年近く前ニキティキ吉祥寺店で買った手回しオルゴールです。

    ミッドタウンでも売っていました!長い短冊状の紙に穴をあけ、箱の隙間に差し込み

    ハンドルを回して聞ける曲が20枚位あり、オリジナル曲も作れます。素朴な音色です。

    左は同時期にスイスで買った金属のレコード盤6枚が入ったネジ巻式のオルゴール。

    エーデルワイスやカヴァレリア・ルスティカーナ等の名曲が聞けます。

    どちらも造りはシンプルな木製の箱で少々劣化しているけど、まだ充分楽しめます[るんるん]