So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

国立新美術館開館10周年 [アート]

IMG_20171119_173748.jpg

せっかくなので、両方見てきました。

IMG_20171119_173245.jpg

「君の名は」にも登場している国立新美術館。

IMG_20171119_174729.jpgIMG_20171119_185027.jpg

新海誠展で撮影可能なのはこの部屋だけですが、

実際の風景と比べると、描かれた絵の方がかなり鮮やかで美しい。

映画では音楽の力も大きい事を改めて感じました。

(未見の「秒速5センチメートル」、山崎まさよしさんの歌が

使われているなら見たいなあ!)

IMG_20171119_174347.jpg

ここからは安藤忠雄展。下の4枚は購入したポストカードです。

IMG_20171119_222816.jpg

大阪にいた時、光の教会や真言宗本福寺水御堂を見に行ったことがありますが

今回は光の教会が実物大で再現されています。(こんなに小さかったっけ?)


日が暮れても大混雑で、人気ぶりがうかがえます。


大小様々な建築模型や大量のドローイングの数々に圧倒されました。

ダイナミックな空間デザインも安藤忠雄さんによるものだとか。

夜の美術館もなかなか良いですね。

IMG_20171119_182155.jpg

展示の詳細はこちらです→ http://www.nact.jp/

nice!(46) 

路上の宝石 [写真集]

IMG_20171111_133745.jpg

信号機と電柱

IMG_20171117_210230.jpg

飛行機雲と紅葉~秋晴れの空とのコラボ写真。

それとはあまり関係ない話なのですが(^^;)

学生時代に書店で購入した「路上の宝石」という写真集がありました。

完本 路上の宝石

完本 路上の宝石

  • 作者: 松山 猛
  • 出版社/メーカー: 青英舎
  • 発売日: 1985/03
  • メディア: 単行本

街角の何気ないスナップ写真にサラッと洒落た言葉が添えられていて

最後の頁は下の写真と共に「これこそが僕が探し求めていた

路上の宝石なのかもしれぬ」という一文でしめられています。

IMG_20170924_092737(1).jpg

(「路上の宝石」より)

このセンスがたまらなく好きで

こんな写真を自分でも撮ってみたいと思っていました。

wikiもなかった当時、この本の著者はあまり売れない自称

「フリーのフォトグラファー」なんじゃないか、海外を貧乏旅行しながら

放浪している人ではないかと想像していました。

・・が!この松山猛さんはブルータス等雑誌の編集者、ライター、

作詞家として有名な方だと後で知って、驚きました@@。

ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」「イムジン河」の日本語詞

「タイムマシンにおねがい」等サディスティック・ミカ・バンドの作詞もこの人だとは。

大変失礼しました(mーーm)。どおりで文章も上手いはずだわ。

IMG_20171111_150507.jpg

出来はともかくとして、その頃の

気軽にスナップ写真を撮り歩きしたいという自分の夢は

スマホの登場である程度かなったと言えるのかもしれません[グッド(上向き矢印)] 



nice!(32)  コメント(6) 

秋の色 [風景・写真]

秋らしい色を求めて、空き時間に散歩しました

IMG_20171115_140147.jpgIMG_20171115_140257.jpg

プレバト俳句じゃ間違いなく「凡人」か「才能なし」判定を下されそうな

ひねりのないタイトル。。「この言葉、凡人が使いたがるのよ~」という

先生の声が聞こえてきそうですが、まあいいか。[ふらふら]

IMG_20171115_140907.jpgIMG_20171115_143344.jpg

雨の日も嫌いじゃないけど、やっぱり晴れると嬉しい。

IMG_20171115_141234.jpg

撮影する時はなるべく人を入れないようにしていますが

このご夫婦、いい雰囲気だなあ。逆光で白っぽくなってしまったけど。



IMG_20171115_150048.jpgIMG_20171115_143615.jpg

この公園にはちょっとした沼と四阿があります。


ふかふかの落ち葉を踏んで歩くのは楽しいなあ。どんぐりを探すのも。[わーい(嬉しい顔)]


ここで子供を遊ばせていたのはもう10年以上前になります。いつのまにか

子供を膝の上に載せて滑ったローラーコースターがなくなっていました。。

IMG_20171115_144716.jpg

慎重派の息子は他の子が遊んでいるのを見ても真似をせず

私が見本を見せないと挑戦しない習性?がありました。

という訳でチェーンで吊したタイヤの遊具をくぐろうとした私は

はさまって身動きがとれなくなったことがありました( ̄∇ ̄)。

自分の幅を見誤ったのでした(><)←息子の慎重さを見習いましょう

そんな風に遊ぶことも、もうなくなりました。。

IMG_20171111_150311.jpgIMG_20171115_154147.jpg

 まだコスモスが咲いている所もあれば庭ではハイビスカスが咲いている(@@)

下の画像はいつも薔薇がきれいに手入れされている病院の玄関です。[ぴかぴか(新しい)]

IMG_20171115_153411.jpgIMG_20171115_153505.jpg

ポンポンの方が合ってると思うけど、BONBON菊なの?

(訂正:ポンポンまたはピンポン菊の中のボンボンという種類のようです)


花が咲いているとホッとして気も紛れます。有り難いことです。

おしまい

nice!(39)  コメント(16) 

spell展 [アート]

朝晩はだいぶ冷え込むようになってきました。


11月の秋晴れの日に、向かった先は六本木。

蜘蛛のオブジェのある、あの高層ビルでパスタセットを頂いた後、


ストライプハウスギャラリーで開催されていた

人形作家のグループ展「spell」を見に行きました。(終了しています)

個々のアルファベットを繋ぐと単語や文脈になっていく、

それが球体関節人形に通じるものがあるような気がしたと仰る朋さん。

IMG_20171109_164651.jpg

とにかくインパクトが強いです。

私の家にいる「幽閉」君の兄弟にも再会できました。

以前吉祥寺ギャラリーで見た時とは違って、明るい

窓辺にいる子供達はひなたぼっこをしているみたい。

IMG_20171110_232104.jpg

IMG_20171109_173652.jpgIMG_20171110_233132.jpg

(右と下の画像は浦川純さんの新作です。)

こうして並べてみると親子のようにも見えます。。

心の内を掘り下げて、その底にわだかまっているものを

丁寧に掬い上げて形にしていく浦川さんの作品には

見る人の胸を打つものがあります。

IMG_20171110_233023.jpg 

「Return of Babel~Dedicate the Requiem」

安全ピンでできたドレスを纏ったパンクな姿勢がカッコイイmarsaさん(左下)と

異形の者達が集う個性的な造形に驚かされる7O9さんの作品(右下)。

IMG_20171110_225729.jpgIMG_20171110_230020.jpg 

そして今回ひとききわ目を引いたのが、

物語性のある朋トモヱさんの作品。↓

時を司る者の手足に巻かれたアンティークな時計も全て手作りとの事。

西洋版・耳なし芳一は、琵琶ならぬエレキギターを持ち、

体にはハーンの小説の原文が書き込まれていてオシャレ[ハートたち(複数ハート)]


一番気に入ったのが「皓皓」という作品。窓の外の世界に憧れながらも

たくさんのしがらみに囚われて踏み出すことができない少女。

アクリル板をはめ込んだ素敵な木箱も朋さんの作品です。


美しい髪が蛇と化してしまったメドューサも強い磁力があります。

在廊されていた朋さんには、いろんな裏話を聞かせて頂いて

楽しかったです。どうもありがとうございました(m^^m)。

IMG_20171110_225435.jpg

利益や効率を優先した結果、物づくりの基本が揺らいで

しまっているような報道が相次ぐ昨今。

IMG_20171111_134212.jpg

誰にも媚びることなくコツコツと作品を作り続け

それぞれの道を極めようと地道に努力されている作家さんには

昔気質の職人さんの精神が受け継がれているように感じます。

心の赴くままに表現できる手段を獲得されて何でも手作りしてしまう

魅力的な作家さん達。また新作ができたら見に行きたいと思います。

IMG_20171108_123611.jpgIMG_20171108_161736.jpgIMG_20171108_123545.jpg

そのほかにも今後行きたいものがいろいろ・・・

銀座のスパンアートギャラリーでは11/14まで木原敏江原画展、

11/18~28は稲垣足穂の愛した小宇宙(コスモ)とエロス展(水曜休)。

中野ブロードウェイ4Fリトルハイ11/23~12/12に深堀隆介・金魚は上見で2(水曜休)。

乃木坂の新国立美術館では12/18まで安藤忠雄展と新海誠展(火曜休)。

~以上、備忘録でした(^Д^)

(前回記事は思う所があり削除しました。ご訪問下さった方ゴメンナサイ)

nice!(39)  コメント(16) 

番外編:倉敷は山陽だった・その2 [風景・写真]

(前回の続きです)

日本初の西洋美術中心の私立美術館である大原美術館。

岡山出身の薬師寺主計が設計した本館はイオニア式の柱がカッコイイ。

2017オオハラ2.jpg2017オオハラ3.jpg

初めてここに来た中学生の頃、エル・グレコの「受胎告知」と共に

シャバンヌの「幻想」という絵に強く惹きつけられました。


その時はこの画家の名前やタイトルを記憶していなかったのですが

この絵のことは何となく、度々思い出していました。

数年前に原田マハの小説「楽園のカンヴァス」を読んで

「あれがそうだったのか!」と渋谷Bunkamuraのシャヴァンヌ展に

駆けつけたので、今回で3度目の対面となりました(*´∀`*)。

2017オオハラ.jpg大原美術館は本館以外にもいろいろあり、上は分館前の日本庭園、

下は年二回だけ特別公開される大原家別邸の「有隣荘」です。

有隣荘

http://kurashiki-kankou.com/spot/yurinsou.htmlより画像をお借りしました)

今回は偶然特別公開中。この美しい邸宅を見学することができました。

宮永愛子さんの白く儚い夢のような作品群がこの家にしっくりと馴染んでいて、

時が経つのを忘れて見惚れてしまいました。(展示は終了しています)

2017オオハラ9.jpg2017オオハラ8.jpg

常温で昇華してしまうナフタリン等を素材に作られたそうです。画像がないのですが

気泡と共に透明な空間に閉じ込められた椅子が、とても気に入りました。

※  ※  ※


もう一つ、今回の旅で印象深かったことがあります。

大根島付近の車窓から見えた「○○小児科・皮膚科」という看板です[病院]

それは鳥取砂丘の記事に書いた鳥取在住の友人とそのご主人が開業された

医院のものでした。当時まだ医学部の学生だった優しいお二人に

大山などを車で案内してもらった時の事が不意に蘇りました。

2017番外編9.jpg

(上画像は記事とは関係なく鳥取観光キャンペーンのポスターです)

一応働いてはいるがぼ~っと毎日を過しヘロヘロ観光している自分と

この土地に根を下ろし日々大事な仕事を頑張っているお二人・・(; ;)

会いに行くことはできませんでしたが、看板を見て懐かしく想うと同時に

30年という年月の重みを実感したのでした。

2017番外編8.jpg

「あゝ おまへはなにをして来たのだと… 吹き来る風が私に云ふ」

中原中也の詩『帰郷』を思い出しながら羽田空港に戻ってきました[ダッシュ(走り出すさま)]

~長い旅行記におつきあい頂き、ありがとうございました(完)

nice!(49) 
前の5件 | -