So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2018年2月17日 [食事・雑記]

フラワーセレモニー後、リンクを一周する羽生結弦(カメラ・相川 和寛)

(報知スポーツより写真引用)
多くの方々が取り上げているこの日の出来事は
やはり記録に残しておきたいですね。(^0^)
平昌オリンピック・男子フィギュアスケートで羽生
結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得し、
漫画さながらの展開に興奮していたら、将棋界では
朝日杯で中学生の藤井聡太が羽生竜王、広瀬八段
破って優勝、史上最年少で六段に昇段しました。
絶え間なく努力を続けられる才能、集中力、ここ
一番で結果を出せる度胸、メンタルの強さは国民
栄誉賞もの・・若い方々の活躍に驚かされます。
IMG_20180214_172713.jpg 
同じ日に「週間ニュース深読み」という番組をボーッと見ていたら
「eスポーツ」というものを取り上げていました。
「eスポーツ(e-sports)」とは、エレクトロニック・スポーツの略で
コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のことだそうで。
スポーツというと、日本では「体を使い汗を流す運動」を指しますが
欧米では勝ち負けを競う「競技」を指すので、頭脳の格闘技ともいえる
チェス、ビリヤード、囲碁等の国際団体も国際オリンピック委員会の
加盟・承認団体になっているのだそうです。
スポーツを純粋に競技と考えたら、勝ちや順位にこだわるのは当たり前
で、日本式の勝敗に囚われてはいけないみたいな精神はNGなのですね。
IMG_20180214_173018.jpg IMG_20180214_172909.jpg
で、eスポーツの選手は同年代の平均と比べ集中力、思考力、瞬発力、
動体視力等々結構バランス良く優れ、報奨金も高額になっているそう。
eスポーツもオリンピックの種目になったり、親が子供に「勉強なんか
ばっかりしてないでもっとゲームをしなさい」と言う日が来るかも?
・・と番組では深読みをしていました(*゚∀゚*)。
メーカーの利権が絡むといろいろ難しそうだし、世界遺産の認定
みたいに何でもかんでも国際基準にして集客に繋げるのもどうか
と思いますが。。年齢、性別、障害の有無に関係なく競えるという
点は良い所なのかもしれません。
IMG_20180212_163922.jpgIMG_20180212_172805.jpgIMG_20180212_171750.jpg
一方、そんなグローバルな視点や国宝(仏像類は除く)には見向きも
せず、自分にしか価値が見出せないと思われる「ボク宝」を集め続けて
いらっしゃる方もおられます。その人とは、今年めでたく還暦を迎え
られた「みうらじゅん」さん(下の写真)です!
IMG_20180214_181922.jpg IMG_20180214_131211.jpg
次回は川崎市市民ミュージアムから「みうらじゅんフェス」の話題を(笑)。
(2~4枚目の写真は同ミュージアム内に展示されている福田繁氏の作品、
手塚治虫氏の「笑い」、山口勝弘氏のビデオ彫刻「川崎」、5~7枚目は
ポーラミュージアムアネックスのグレース・タン展より。記事とは関係
ないけれど載せたくなってUPしました。m^^m)
※下線部分の記事の誤りを2/19に訂正しています。申し訳ありません!

nice!(29)  コメント(12) 

GINZA SIX 花花能 [食事・雑記]

三連休の最終日はこの辺りに出没。

IMG_20180212_164209.jpg IMG_20180212_170231.jpg

今まで何度も通り過ぎた「GINZA SIX」にやっと足を踏みいれました(笑)。

吹き抜けに吊された草間彌生さんの紅白カボチャが目を引きます。

IMG_20180212_164934.jpg IMG_20180212_102949.jpg

待ち合わせまで時間があり屋上庭園に上がると、冬らしい青空が広がっていました。

IMG_20180212_165435.jpg IMG_20180212_165551.jpg

正面に準備中のユニクロが見えました。モノクロのユニクロ(*゚∀゚*)

蔦屋書店も初めて行きましたが、美術書の充実ぶりがスゴイのですね。

書店内の四阿みたいな所で本を読みながらお茶したいけど、こぼすかな。。

IMG_20180212_165610.jpg IMG_20180212_165742.jpg

以前銀座の記事でちょっと取り上げさせて頂いたTさんと10年ぶり位にお会い

しました。大変なお仕事をされているのに、ほんわかと温かい雰囲気は以前と

変わらず嬉しかったです。(「ビストロ オザミ」のランチが前菜の写真だけで

スミマセン!メインの白身魚のポワレやデザートも美味しかったです。[レストラン]

IMG_20180212_172851.jpg IMG_20180212_164826.jpg

その後、館内の観世能楽堂で「成田美名子画業40周年記念・花花能」を鑑賞。

自分は数年前に薪能や謡体験に行ったりしたくらいの初心者ですが、漫画の影響で

能に関心を持った人向けに易しい解説をして下さったので、助かりました(^^)。

IMG_20180212_182140.jpg  IMG_20180212_164644.jpg

続きを読んで下さる方はこちらへどうぞ


nice!(42)  コメント(12) 

輪舞曲~FLOWERS by NAKED 2018 [アート]

去年に引き続き、五感で楽しむ花の体験型アート展「FLOWERS by NAKED」を
見るため、COREDO日本橋に向かいました。 (2/26まで)
https://flowers.naked.works/ (↓日本橋三井ホールのエントランスです)

 IMG_20180207_174858.jpg IMG_20180207_174822.jpg

「自粛」はどうした?!というヤジが飛んでいますが、ちゃんと厚着とマスクを
して出掛けているので許してください[もうやだ~(悲しい顔)](←誰に向かって言っているの~)
 IMG_20180207_125733.jpg IMG_20180207_120752.jpg
それはさておき、今年のテーマは「花と舞と音楽の宴」なのでダンサーさん多め。
薄衣を纏った美しいダンサーとバイオリニストのお姉様方も花の妖精のよう?
IMG_20180207_111859.jpg IMG_20180207_134654.jpg
IMG_20180207_175228.jpg

続きを読む


nice!(50) 

本という樹、図書館という森 [アート]

日比谷図書文化館にて開催中の「DOMANI・明日展PLUS

~本という樹、図書館という森」展(2/18迄)に行ってきました。



「DOMANI・明日展PLUS」は、国立新美術館の「DOMANI・明日展」と共に

文化庁が支援する若手芸術家の海外研修制度の成果発表・プレゼンの場にも

なっているとのことです。今回の「PLUS」は図書文化館での開催なので、

若林奮さん(故人)と、それに続く若手の小林孝亘、寺崎百合子、折笠良、

宮永愛子、蓮沼昌宏(敬称略)という5人のアーティストの方々の「本」を

テーマにした小規模な作品を展示しています。

さらに、各々が本や読書・図書館への思いを綴ったエッセイ、創作の源に

なった本のリストももらえて、その一部は特設コーナーで閲覧できます。[わーい(嬉しい顔)]

左下画像の絵画は小林孝亘さんの幻想的な作品、「Moonlight」。

右下は若林奮さんの参考資料の展示です。


寺崎百合子さんが海外の図書館を色鉛筆で描いた作品は、とても雰囲気がいい。

『人間の手で創られ、時に耐えて私達に残されているものを描きたいと思って
います。人の手仕事のあとを美しいと思い、そのものに触れ慈しんだ人々の
気配に感動させられるからです。その中でも、本は、もっとも賢く、もっとも
姿の美しいものだと思います。』(寺崎さんの文章より抜粋。左画像はパンフ
レットよりお借りしています。)


続きは長いので興味がある方のみ、どうぞ・・


nice!(47)  コメント(12) 

見ることのリアル~レアンドロ・エルリッヒ展 [アート]



六本木ヒルズの森美術館にて開催中(4/1まで)の「レアンドロ・エルリッヒ展」。

去年、右上の不思議なポスターを見て絶対行こうと思っていた美術展です。


エルリッヒさんは金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」で有名な

アルゼンチン出身のアーティスト。これをTVで見た時は衝撃を受けました。

0227.jpg

このプールの下は分厚いガラス天井の地下室があって、その上に10㎝位

水を張り風で波立たせているのだそうです。(今回は写真と模型のみ)

0232.jpg

こちらは水面に浮かぶボート・・のように見えて

ユラユラした形は、もともと船の下部にくっついています。

「目の前にあるものは本当に存在しているのか」と問いかけられ、

非現実的な光景を目の当たりにする事で不思議な体験をしたような

気にさせられます。あのポスターも実は、地面に置かれた絵の上に

人が寝転びながらポーズをとっているのでした。忍者ではない(笑)!


仕組みがわかっても、ノリノリでポーズをとる皆さんが可笑しくて。。[わーい(嬉しい顔)]

これは体験することで完成するアートなのだそうです。

0251.jpg0239.jpg

  ガラスや鏡を使ったトリックが多いかな?

ヘアサロンの鏡に映るのは見知らぬ他人で、試着室は果てしなく奥が深い・・

0210.jpg 0205.jpg

日本やフランスなど、国の形をした「雲」も、実はセラミックインクで

形を描いた板ガラスを並べただけのもの。

星座も国も、変化し続けるものに人間が勝手に線を引いて

本来秩序がないものに意味を持たせたもの。(解説より抜粋)


集合住宅に住む隣人の私生活(を再現したもの)を同時進行で

眺めたり、内側外側が反転してしまったエレベーターに既成概念が

覆されたり。。「見る」とは「見られている」ことでもあります。


この模型だけでも面白いけれど、実際に街に出現したら仰天しますね[がく~(落胆した顔)]


少子化で廃校になった小学校にはスマホを持った亡霊が現れます。

その上、本日は日本の方々ではないようで・・(*゚∀゚*)

0207.jpg

ただのトリック・アートと違って、楽しみながらも考えさせられる

満足度の高い展示でした。お近くの方は是非!

※また雪が降る前に行ってしまおうと、早くも自粛を解禁した意志の弱さ(><)。

今日はスーパームーン+皆既月食で六本木ヒルズの展望台は天文ファンやマスコミで

賑わっていたようです。(オレンジ色の満月が今日は確かに欠けていましたネ)

nice!(41)  コメント(14) 
前の5件 | -